重陽の節句とは何の日?菊の節句が9月9日って、なぜだろう。

重陽の節句
重陽の節句

9月9日は年内最後のお節句、「重陽の節句」です。
菊の節句ですが、まだまだ菊の季節ではありませんねぇ。
なんのお節句なのでしょうか?

スポンサーリンク

重陽とは、一番大きな ”陽” が重なる日

五節句とは

人日の節句・1月7日七草の節句(七草の祝い)
上巳の節句・3月3日桃の節句(ひなまつり)
端午の節句・5月5日菖蒲の節句(こどもの日)
七夕の節句・7月7日笹の節句(七夕まつり)
重陽の節句・9月9日菊の節句(菊まつり)

の五つです。

1月の、しかも1月1日は別格なので1月だけは7日になっています。

お節句の時のお料理を「節句料理」と言い、特に大事なお正月7日の節句料理が「おせち」という呼び名で今にその名残を残しています。

そもそも「節句」とは、中国の暦法で定められた季節の変わり目の行事と日本の風習とが融合したもので、昔は1年のうちにたくさんあり、江戸時代、幕府がそのうちの5つを公式な行事として制度化したのが「五節句」で、宮中行事でした。
この「制度」は明治維新後に「新暦」に変わった頃に廃止されましたが、民間に広がっていた行事は残り、その日付は「旧暦」の日付がそのまま残りました。

中国の暦は陰陽五行説を基にした「太陽太陰暦」で、奇数は縁起のよい陽の日とされ、3月3日、7月7日など奇数が重なる日を幸多い日と考えました。
中でも「重陽の節句」は、一番 大きな陽数(奇数)が重なる日 を 重陽 と呼び、大切な節句でした。
1年の最後の節句です。

5~6世紀頃、陰陽五行思想は日本にも暦法とともに伝わりました。

現在の「新暦」に代わる前のいわゆる「旧暦」は「天宝暦」です。
この「旧暦」のもとでは1日を日の出から日の入りまでと、日の入りから日の出までの(つまり昼間と夜の)2つに分け、それぞれを6等分し、これを一刻(いっとき)とする「不定時法」で時を計りましたが、時刻の表し方は干支(子丑寅卯・・・)の他に数字も用いました。

日の出の約30分ほど前を「明け六ツ」、日没の約30分前を「暮れ六ツ」として、その真ん中を「九ツ」とします。
九ツから「一刻」ずつ、八ツ、七ツ、六ツ、五ツ、四ツまで来たらまた「九ツ」となります。

この数え方も陰陽思想から来ているもので、「九ツ」は最も大きな陽数です。

なぜ菊の節句? なぜ重陽の節句だけがなくなってしまったの?

お節句は、どの節句も必ずその季節の植物とともにあるのです。

中国では菊はとても薬効に優れ、邪気を払い寿命を延ばす植物として知られ、日本でも重陽の節句の前夜に綿を菊にかぶせ、翌朝、菊の香りと菊に付いた露を含ませた綿で体を拭くことで体を清めたということです。

当日にはこの中国から来た珍しい菊を眺め、菊の歌を詠み、菊の花びらを浮かべたお酒を飲み、菊の品評会を行いました。

また、旧暦での「重陽の節句」は、作物の収穫は終わって、ちょうど「衣替え」の時期でもあり、菊の花のもっとも美しい季節でもありました。
季節の節目の行事にはぴったりだし、一番大きな陽の数字の重なる日ともなれば 収穫祭も兼ねてさぞ盛大にお祝いをしたことでしょう。

かつては仕事を休んでまでした大事な重陽の節句がすたれてしまったのはなぜでしょうか?

重陽の節句は9月9日、当然旧暦で行われていましたので当時は「菊の節句」で良かったのですが、現代(新暦)では、たとえば今年、2018年9月9日は 旧暦ではまだ7月31日です。

旧暦9月9日にあたるのは、10月17日。

新暦で「菊の節句」と言われても菊はまだ咲いていません。

確かに明治以降、新暦になり、全てのことが9月9日ではズレてしまったことは大きかったようです。

しかも元は宮中行事で、民間で現実の暦にそぐわなかったら、それほど広まらずに激減してしまったとしても無理のないこと、だったのでしょうか。

ただ、「重陽の祭り」「菊の祭り」、または「収穫を祝う重陽の催し」などは今も各地に伝わるものがたくさんあります。

京都嵐山・車折神社では9月9日に重陽祭・特別祈願祭が行われ、菊花酒が振舞われます。

浅草・浅草寺では9月9日に重陽限定の御朱印をいただけます。
また、10月18日は「菊供養会(きくくようえ)」で菊のお守りがいただけます。

また、菊の季節には各地で品評会やコンクールなどがあり、毎年、菊愛好家が大勢訪ずれます。

笠間の菊まつり

八戸菊まつり

文京菊まつり

などなど、全国各地で行われ、テレビのニュースでもよく観ますよね。

「お節句」は神事? 仏事?

スポンサーリンク

ところで 「お節句」って、神社でもお寺でもやるんですよね。

重陽の節句だけでなく、初詣も七五三も端午の節句も、神社やお寺にお参りに行きます。

ひな祭りは静岡県袋井市の徳川家康ゆかりのお寺「可睡斎(かすいさい)」の1200体ものおひなさまが有名ですね。

可睡斎のひなまつり

可睡斎のひなまつり

こうした催しをしている神社やお寺のホームページなどを見ると、お節句は神事です とか 仏事です とか、断言していらっしゃるところもあります。

果たしてお節句は 神事なの?仏事なの?
どちらかに行かなければいけないの?

と思う方もいらっしゃるでしょう。

「お節句」は日本の年中行事です。

それを、神社もお寺さんもやる、ということですね。

神社は、お節句も神事として行う、
お寺さんは、お節句も仏事として行う。

日本人は嬉しいとき、悲しいとき、何かにつけて神様や仏様に祈り、感謝し、ご祈祷してもらったりお経をあげてもらったり、お札を収めたりもらったりお守りにしたりするのです。

ですからお家によって何事も神社へ行くのなら神社へ、お寺ならお寺へ行けば良いし、両方行っても、または行かなくても良いのです。

日本の神仏習合です。

という解釈でよろしいのではないでしょうか。

今やほとんど意識をしなくなった「重陽の節句」。
9月9日や、菊の催しを見かけた際にはちょっと思い出して下さい。

ちょっと応援してやるかと思っていただけたら・・・

ブログランキング・にほんブログ村へ

励みになります、ありがとうございます!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする