初盆・新盆のやり方と準備、法要/お香典/お返しの基本

初盆の迎え方
初盆の迎え方

初盆(はつぼん・ういぼん)は、忌明け後初めて迎えるお盆のことです。
新盆(にいぼん・しんぼん・あらぼん)とも言います。
毎年お盆をしていても、新たに亡くなられた方があればその方の初盆です。

お盆の法要をなさるということはご葬儀もほとんど仏式だと思いますので
多くは四十九日法要を終えて初めて迎えるお盆、ということになります。

スポンサーリンク

初盆の一般的な基本スタイル

”忌明け”は、 きあけ(いみあけ とも読む)で、喪に服す期間を終える日のこと、
仏式では 四十九日、神式では五十日 です。

お盆の時期に四十九日法要が済まない場合、初盆は翌年になります。

が、ご親族やお招きする方々の都合などから四十九日法要と初盆を一緒にするなどの場合もあります。

初盆は、お盆の入りにお墓の掃除をし、盆提灯を灯してお迎え火を焚き、遺族だけでなく親類の方々、故人と親しかった方々にも参列していただき、僧侶を招いて法要を行った後、会食を行ないます。

お盆棚は、初盆は特に丁寧に、品数も多くお供えします。
白い提灯は玄関先に吊るします。
初めて帰って来られる故人の霊が迷わないようにするためです。

他に柄付きの提灯があればお仏壇の両脇などに置きます。

白提灯は送り火の時に燃やす、お盆が明けてから菩提寺に納める などします。

また、白提灯はひとつで良いもので、近親者から贈られることが多いものですが

白提灯がいくつも重ならないよう、「御提灯代」としてお金を遺族にお渡しして遺族が必要に応じて白提灯や、次の年から使う柄の入った提灯を揃えるようになってきています。

かつては自宅で初盆法要を行う家も多くありました。

今では準備の手間やお部屋の広さなどの事情から、法要は菩提寺や斎場などで行い会食は料亭で、など適宜場所を決めて行うことが多いようです。

また、初盆法要として日時を決めて一堂に集まるのではなく、お盆の間に気軽に、自由に自宅にお参りに来ていただくスタイルもよくあります。

お食事も特別なものでなく海苔巻きやサンドイッチなどの軽食を、召し上がる方には召し上がっていただく程度、

僧侶はお盆の間にお招きして棚経を上げていただき、時間が許せばお食事をしていただく程度、

などなど宗派や地域、お家ごとにさまざまな形で行われます。

菩提寺があればお寺に、なければ地域の斎場や葬儀社などでも相談できます。
ご遺族がやりやすいスタイルでなさるのがよいでしょう。

スポンサーリンク

初盆にお招きされたら

初盆の法要に参列する場合、基本的に喪服、礼服を着用します。

真夏の暑い盛りですし、ご遺族との関係を考慮しこれに限らないことも増えています。
いずれにしてもご遺族よりも格上にならないように注意します。

お香典(お金を包む)の場合は
「御提灯代」「御仏前」「御佛前」「御供物料」 などどし、

御菓子、果物などお供え物には 
「御供」 とします。

スポンサーリンク

参列して下さった方へのお返し

お香典をいただいた場合、初盆の法要の後の会食がお返しで、その他のお返しは必要ないとされているところが多いようですが、会食を行わない場合はお酒や折詰などをお持ち帰りいただくことが多いようです。

「引き出物」を用意することもあります。

近頃の「引き出物」はカタログギフトが多いですね、荷物にならないし本当に欲しいものを選んでいただけるのが良いですね。

お供え物をいただいた場合、のちほどお礼状と「引き出物」を送ります。
お返しの相場はいただいたお供え物の1/3~半分くらいの価格にします。
お返しは「志」「初盆志」「新盆志」とします。

また、初盆のご案内をしなかった方が、の時期に合わせてお参りに来て下さったり、お供えを下さったりすることがあります。

初盆に限りませんが、初盆は特にそういった来客や頂き物があることが多いので、あらかじめお返しの品物を準備するか、後日にあらためてお礼をするか
などは考えておくと良いでしょう。

スポンサーリンク