本当のニュースをテレビや新聞が報道しないのはなぜ?本当のことを教えて!

オールドメディアに真実はあるの?
オールドメディアに真実はあるの?

スポンサーリンク

テレビや新聞はニュースの本当のことを教えてくれない

テレビや新聞は部分的に、結果しか伝えないことがあまりにも多いと感じます。

いわゆる ”社会面的なニュース”、 火事があったとか、事故があったとか、それは大事なニュースですけど、まぁ、きちんと報道していただければ良いです。

国の根幹にかかわるというか、国家・国民の在り方にかかわるようなニュースはその ”本質” を伝えてほしいけれど、地上波と既存の新聞・雑誌等、いわゆる ”オールドメディア” は、台本でもあるかのように通り一遍のことしか伝えませんね。

国会中継もいつも同じです。
まるで使いまわしの台本を読むように、

与党は国会閉会までに可決する方向です。
激しい与野党の攻防が続いています。
可決されました。

こんなことと用語の解説くらいで、各局(新聞なら担当記者?)の解説もそのメディアを支配している利権者の思惑から外れたことは決して言えない(書けない)。
無責任なコメンテーターの言いっぱなしテキトーコメントでさえ同じこと。

だから私は最近、テレビや新聞をあまり見ません。
見ても ”今取り上げられているテーマ” を拾うだけ。

で、あとはインターネットとYOUTUBEなどの動画でそのテーマを追います。

心ある ”ジャーナリスト” とか ”有識者” と呼ばれる人たちはオールドメディアには登場せず、こういう所で活発に活動しているからです。

日本文化チャンネル桜 とか 虎ノ門ニュース などは面白いですね。
YOUTUBEのチャンネル登録が50万を超えた(!)というKAZUYAさん元皇族で作家の竹田恒泰さん は、わかりやすい言葉で色々なことを教えてくれます。

こういう人たちも意見や考え方は本当に様々、十人十色ですし賛同できることも出来ないこともありますが、少なくとも今を生きる日本人が何を知り考えなくてはいけないのか、を投げかけてくれます。
地上波のニュースや新聞の偏った報道よりはるかに得るものがあると感じます。

スポンサーリンク

ところで「入管法改正案」はどうなったのかな?

例えば「入管法改正」ひとつをとっても、国民がちゃんと知っておくべきこと、考えるべきことがたくさんあるんですよね。

ザルだがらんどうだ横暴だと非難轟々の中、数の力でゴリ押しした入管法改正案は、約4ヵ月後の実施に向けて動き出しました。
といってもまだまだ「検討中」ばかりだそうですけど。

特定技能2号は該当者なしでとりあえず2年運用するらしい?

特定技能1号は、”試験”があるそうです。
現状の技能実習生で3年間の経験があれば、試験を受けずに「特定技能1号」へ在留資格を変更できるのだそうです。
つまり「試験」は技能実習を3年経験したくらいの ”日本の理解度” を問うのでしょうか。

新たな特定技能1号は、建設業やヘルパーなど14業種に対して5年間の滞在を認めるもので、来年4月から5年間で35万人の増加を見込む、ということですが。
14業種って・・・ほとんど全部の業界って感じですよね。
35万人で収まるのでしょうか。

で、その「試験」をどんなふうにどうしようか、というのはまだ「検討中」です。

ということで、日本はいよいよ「労働のために日本に来る外国人」を受け入れるのですが、まずはいわゆる ”単純労働” のための人材だけにしようと。

特定技能2号は、想定していた「建設」「造船」分野で企業側の要望があるものの志願者の見込みがつかない=対象者なし、ということで、事実上、最低2年は見送りとなります。
(この改正案は2年で見直しをしようということになりましたから。)

つまり、がらんどうの改正案で、なにもかもいっぺんには出来ないので

「特定技能2号」はこの際動かしません
「特定技能1号」も、新試験を間に合わせるだけだって難しいから、とりあえず技能実習生だけをスライドさせよう

というのがホントのところ!

てこと、かな?

なんで中国が入ってるの?

外務省は、まずは当面、アジア8カ国で日本語能力判定テストを実施することを検討していて、このうち7カ国がほぼ決まり、もう1カ国は調整中、その後は実施国を順次拡大するそうで。

で、とりあえずの7カ国。
ベトナム、中国、フィリピン、インドネシア、タイ、ミャンマー、カンボジア。
現在の技能実習生の受け入れ実績などを考慮した、らしいです。

なんで中国が入ってるんでしょうね?

他は、まぁ、妥当なところなのかもしれませんが、中国を入れるって、アタマおかしいのではないでしょうか?

法務省によれば、2018年6月末現在の在留外国人は約263万7千人不法残留者数は約7万人だそうです。

このうち中国は74万1656人、全体の28%で在留外国人のトップ不法残留者は9,390人で第2位です。
(不法残留者の第1位は韓国人で12,876人)

中国人はダメだとか、キライだとか言ってるんじゃないんですよ。
(総じてスキじゃないけど、個人的には友人に素晴らしい中国人がいます。)

今、中国が日本に対して何をしているのかわかってるでしょ? と言っているのです。

中国の、神をも畏れぬ悪の歴史をたどればキリがないけど、現在の現実を考えただけでも、侵略や不法侵入・侵犯、偽装、偽造、捏造のオンパレード。

最近では華為技術(ファーウェイ)排除の動きが世界中に広がり、日本も政府関係はファーウェイを使わないことにしましたね。

中国は日本から引き出せるだけのカネを引き出すくせに、自国では事実無根の南京大虐殺をでっちあげ、徹底した反日教育を叩き込んでいます。

もはや中国と韓国は「敵国」であり、即刻国交を断絶すべきだと思うほどです。

日本の誰がどんな理由で中国と韓国を大事にするのか知りませんが、そんな人たちは国賊と呼ぶべきでしょう。

あ、すみません、ちょっとアツくなってしまいましたが。

つまり言いたいのは、現状でも在留外国人のトップであり、あちこちで無礼千万な振る舞いが問題になっていて、なおかつ「敵国」も同然の国の人をなんでこれ以上増やさなきゃならないのか?
ってことなんです。

誰がこの7カ国を決めたのか知らないけど、反対した人はいなかったのでしょうか?

日本人はどれだけお人好しか、さもなくばタダのバカじゃないかと言われますよ。

スポンサーリンク

外国人労働者受け入れを拡大すると日本が壊れる?

現状の「技能実習生」にまつわる問題、奴隷のような労働環境とか、行方不明者がたくさんいるとか、まず今の制度での問題点を解決すべきですが、それと同時に、それ以上に問題なのが日本の将来です。

社会保障や健康保険の問題も大至急ですが。

今のところ、外国人が増えたといってもまだ少数派です。
日本は事実上世界第4位の移民大国ではありますが、そういう自覚がないし、移民法もないのですから。
だから今の在留外国人も困っているし、日本人も迷惑を被ることがあるんですから。

でも安倍首相は「移民は受け入れない」って言っています。
これがどんどん増えたらどうなるのでしょうか。
だから外国人労働者なんて言ってないできちんと「移民法」を作ってちゃんとするべきだと思うのですが!

外国にもありますよね、”日本人街” 。
単純に、近隣諸国の民族の流入が多い大陸であれば「移民」対策も昔から整備して、世情に合わせて改訂改訂また改訂したりするのですよね。

でも日本は島国です。
良くも悪くも侵略したこともされたこともありません。

日本人だけで、「言わなくてもわかる」世界で暮らしてきました。
「皇紀」は神武天皇即位の年を元年とした日本独自の暦です。
西暦(キリスト教の暦)2018年は、皇紀2678年です。

1つの国家が2700年以上も続いているのは世界で日本だけです。

そんな日本で、外国人を無造作に受け入れて良いのでしょうか。

言語の違いだけではなく、どの国の人もその国の歴史や文化、思想、習慣を持っています。
それぞれを尊重しながらも、日本で暮らすなら日本のルールを守ってもらわなければいけません。

そういうことひとつ、毅然として主張することができるのでしょうか。

中国人は1人来たら一族皆連れてくる、複数集まれば”社会”が出来るといいます。

京都は外国人観光客でいっぱいになり、地元の日本人がバスに乗れなかったり中国人が集まって住み着き、勝手に通りの名前まで付けて近寄れない区域が出来てしまったりしているそうです。

外国人が増えれば日本人と結婚することもあるでしょう。

おそらく「外国人労働者」は男性のほうが多いと思いますが、日本人男性はますます結婚相手がいなくなるかもしれません。

あげくに日系2世、3世の外国人が日本国内で増え、純粋な日本人のほうが少なくなるかもしれません。
そうなれば日本語はおろか、日本の大事な伝統・文化はどうなるのでしょうか。

日本は天皇あっての国家です。
天皇の祖先は神です。

日本人は皆、神の子孫です。

日本の神は、天皇家はどうなるのでしょうか。

日本は、多民族国家になるのでしょうか。

そんなことが、日本の理想の将来でしょうか。

一度でも外国人の流入を許したらもう後には戻れません。

世界で移民を受け入れてうまくいったのは、それも ”比較的うまくいったほうかな” くらいらしいですが、それはシンガポールとドバイくらいだそうです。
それでもこの2つの国がうまくいったのは、単純労働に限る、期間限定など、割り切った方法をとったから、だそうです。

アメリカは移民の国ですが、だからものすごく大変ですし、ことあるごとに入国制限や強制送還を実行しています。

大げさでも何でもなく、将来の日本をきちんと描きながら、「移民」として考えるべきだと思います。

日本の「人手不足」が少子高齢化によるものだというのはごまかしです。

働きたくても働けない人、働かせてもらえない人は1,200万人ともいわれています。

賃金が上がらず、望む業界では働来続けることが出来ずに辞めていく人がいます。
その業界で人手不足なら、人手不足の原因は ”安い労働力” ばかりを求めるのが原因ではないのですか。

人手不足だから外国人を連れて来よう

って、日本人も外国人もばかにしていませんか。

国民を守るのが国家ではないですか。

国の繁栄は人口の多少や規模の大小ではないはずです。
民が幸せに、外国に乗っ取られないように、しっかりとした国家を作る。
その一念で頑張って祖国日本のために闘ったご先祖様、戦争に散った英霊の皆さまたちを裏切るような日本であってはいけないと本気で思います。

報道は、日本や日本人にとって大切なことを、本当のことを伝えるのが使命ではないのでしょうか。

スポンサーリンク