「令和」の意味は?新元号発表!万葉集巻五「梅花の歌序」英字はR?L?

「令和(れいわ)」。平成31年4月1日、午前11時41分、新元号が発表されました!
典拠は万葉集巻五「梅花の歌三十二首併せて序」
意外だった、予想もしなかった、という声が多いようですね。

初めて日本の国書から引用した、日本らしく優しい響きが心地よい、素敵な元号だと思います。
あ、発表はされましたが改元は5月1日ですから、念のため。お間違いのないように。
英字は、「Reiwa」、頭文字は「R」だそうですよ!

スポンサーリンク

元号「令和」の意味と、込められた思い

今上天皇がお元気でいらして、ご譲位による「改元」に触れるのはこの瞬間を生きている日本人にとって初めてのことです。
お祭りのような、新年を迎えるような明るい改元、これはなんだか嬉しいですね!
今上天皇、皇后両陛下、皇太子さまは新天皇即位に向けてお忙しいながらも、きっとお喜びになっていると思います!

梅花(うめのはな)の歌三十二首并せて序

天平二年正月十三日に、師(そち)の老(おきな)の宅(いへ)に萃(あつ)まりて、宴会を申(ひら)く。時に、初春(しよしゆん)の月(れいげつ)にして、気淑(よ)く風(やはら)ぎ、梅は鏡前(きやうぜん)の粉(こ)を披(ひら)き、蘭(らん)は珮後(はいご)の香(かう)を薫(かをら)す。加之(しかのみにあらず)、曙(あけぼの)の嶺に雲移り、松は羅(うすもの)を掛けて蓋(きにがさ)を傾け、夕の岫(くき)に霧結び、鳥はうすものに封(こ)めらえて林に迷(まと)ふ。庭には新蝶(しんてふ)舞ひ、空には故雁(こがん)帰る。ここに天を蓋(きにがさ)とし、地を座(しきゐ)とし、膝を促(ちかづ)け觴(かづき)を飛ばす。言(こと)を一室の裏(うら)に忘れ、衿(えり)を煙霞の外に開く。淡然(たんぜん)と自(みづか)ら放(ひしきまま)にし、快然と自(みづか)ら足る。若し翰苑(かんゑん)にあらずは、何を以(も)ちてか情(こころ)を述※1(の)べむ。詩に落梅の篇を紀(しる)す。古(いにしへ)と今(いま)とそれ何そ異(こと)ならむ。宜(よろ)しく園の梅を賦(ふ)して聊(いささ)かに短詠を成すべし。

引用部分訳:天平二年正月十三日に、師老(そちろう)=大伴旅人の邸宅に集まって、宴会を開く。折しも初春の好い月にして、空気はよく風は穏やか、梅は鏡の前で美女が装う白粉のように花開き、蘭は身にまとった香のように薫っている。

「令月」は陰暦2月のこと、「如月(きさらぎ)」とも言い、草木が芽吹き、春をさきがけて梅の花の咲く季節ですね。
何事をするにもよい月、めでたい月とされています。

「風和(やわら)ぎ」の「和」は大和の国の「和」、昭和の「和」。
やわらぐ・やわらげる・なごむ・なごやかなどの意味の他、 調和、平和、均衡、争わないことの意味もあり、これぞまさに日本人の気質です。

日本が初めて律令国家となった、聖徳太子の十七条の憲法は、第一条「以和爲貴」和を以て貴しとなす から始まります。

安倍首相は、「令和」を次のように解説しました。

「人々が美しく心を寄せ合う中で文化が生まれ育つ」という意味が込められております。」

「万葉集は1200余り前に編纂された日本最古の歌集であるとともに天皇、皇族、貴族だけでなく防人、農民まで幅広い階層の人々が詠んだ歌が収められ、我が国の豊かな国民文化と長い伝統を象徴する国書であります。悠久の歴史と薫り高き文化、四季折々の美しい自然。こうした日本の国柄をしっかりと次の時代へと引き継いてゆく。厳しい寒さの後に春の訪れを告げ、見事に咲き誇る梅の花のようにひとり一人の日本人が明日への希望とともにそれぞれの花を大きく咲かせることが出来る、そうしたことのできる日本でありたいとの願いを込め、令和に決定いたしました。」

スポンサーリンク

「令和」の発表が少し遅れたのは、天皇陛下の「御璽」をいただくため、かな?

3月29日、政府は4月1日の新元号の選定~発表の段取りを正式に決定しました。

9:30~10:10 有識者による懇談会
10:20~11:20 衆参正副議長から意見聴取、全閣僚会議、政令を閣議で決定
11:30 菅官房長官が新元号を発表、記者会見
12:00 安倍首相が記者会見

3月29日に安倍首相はこの日程を天皇皇后両陛下、皇太子さまにも拝謁し、奏上されたそうです。

で、本日4月1日、菅官房長官と安倍首相の記者会見をしっかり観ました!

菅官房長官の発表は11:41、予定より11分遅れましたが、新元号が閣議決定され、政令として発表するには天皇陛下の署名・捺印をいただかないといけないので、移動時間などが少しかかったのでしょう。

それと同時に新天皇になられる皇太子殿下にも奏上がなされました。
皇太子殿下は、「国民に親しまれたらいいなと思います」とお話になられたそうです。

安倍首相の記者会見は0:05に始まりました。こちらは5分ほどの遅れでしたね。

それにしても驚いたのは、安倍首相の記者会見の時にはもう、路上に「令和」の文字があったこと!!
0:08の写真です。

発表後すぐに出た!スゴイ!

発表後すぐに出た!スゴイ!

素晴らしいですねぇ!(笑)

スポンサーリンク

元号を大切に思う人がたくさんいるって、嬉しいことです

かなり前から予想合戦やら報道合戦?がにぎやかでしたが、さてさて、この新しい元号「令和」を予想した人はいらしたのでしょうか?
もしどこかに掲載されたり公言されていたら、それは逆に選ばれないので、心の中で思っていた人しか的中した人はいないはずですが。

本来は新しい天皇陛下のご即位の瞬間に改元がなされ、元号もこの時に発表されるのですが、ご譲位による御代替わりということで、ご即位のひと月前、4月1日の公表となりましたね。

ひと月前じゃ意味ない、遅すぎる と、改元でてんてこ舞いの方たちにはホント申し訳ないのですが、これも日本国のため、改善するなら移行作業のほうで工夫を、何とかお願いできないものかと思います。
元号は不要?なぜ元号を使うの?新元号発表4月1日の前に天皇と皇太子さまにも。もご覧いただければ幸いです。

ともあれ、新元号が決まりました!

私はとっても良いなぁと思います。

ネットで見かける評価も、おおむね好評のようですよ。

・昭和の和がすぐ使われるとは意外

・すっきりとしたすがすがしい素敵な響きと思う。
重要なのは元号が変わることでなく天皇陛下が今月末退位されること。
平成の時代に対してお礼を申し上げたい気持ちでいっぱいです。
まだピンと来ないけど、良いと思います。
平成の時も最初はしっくりこない感じだったが、直ぐに馴染んで来ました。
令和が良い時代になりますように…

・まだピンと来ないけど、良いと思います。
平成の時も最初はしっくりこない感じだったが、直ぐに馴染んで来ました。
令和が良い時代になりますように…
でも政府にしてはいいチョイスなのでは。

・クールで良い元号だと思います。
昭和の和、和風の和が入っているのも良いです。
良い時代になりますよう。

・万葉集から引用した所が、これまでと違い文化的で平和的な時代の幕開けとなりそうな気がします。梅の歌に由来している所が少し女性らしいですが、和歌の意味も幸先が良く、音の響きもとても綺麗だと思います。
また、法「令」で「和」となる良い時代になりそう。個々の権利が更に進み平和が更に暮らしやすい時代になれば良いと思います。
現皇太子様のイメージにぴったりです。

・すぐに馴染むわけではないと思うけど、いい響きだと思いました。そのうち違和感なく使える日が来ますね。
とはいえ今はまだ平成。残りの1ヶ月、平成を満喫して平和に新しい元号に移れたらいいなと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする