お彼岸はいつからいつまで?お盆とどう違うの?六波羅蜜って何?

六波羅蜜
六波羅蜜

お彼岸は、
3月の「春分の日」と9月の「秋分の日」の前後3日間、それぞれ
合計7日間あります。

1日目を「彼岸の入り」、最終日を「彼岸明け」 と言います。
真ん中の「春分の日」と「秋分の日」は「お中日」(ちゅうにち)
と言います。

スポンサーリンク

お彼岸は春と秋の年2回、毎年日付が変わります!

さて、「春分の日」と「秋分の日」は固定ではありません

なぜなら、
太陽が春分点・秋分点の上を通過する瞬間がそれぞれ「春分」「秋分」
と定義され、「春分」「秋分」を含む日のことを、それぞれ「春分日」
「秋分日」と呼ぶからです。

そしてその 「春分点、秋分点の上を通過する瞬間のその日」は、
遠い将来のことは予測でしかなく、近い将来のことしかわからないのです。

「春分の日」と「秋分の日」は
前年の2月1日に「官報」(かんぽう・国が発行している新聞のような
もので毎日発行されます)で発表があって初めて決定するのです
(休日の場合は翌日になります)

カレンダーを製作している会社などはこれが決まらないと
来年のカレンダーを完成できないのでしょうね・・・。

2017年は
春のお彼岸は 3月20日が春分の日なので 3月17日~23日まで
秋のお彼岸は 9月23日が秋分の日なので 9月20日~26日まででした。

2018年は
春のお彼岸は 3月21日が春分の日なので 3月18日~24日まで
秋のお彼岸は 9月23日が秋分の日なので 9月20日~26日まで

今年2018年2月1日の官報で来年2019年の暦が決まりました。

2018年2月1日の官報

2018年2月1日の官報

2019年は2018年と同じ、
春のお彼岸は 3月21日が春分の日なので 3月18日~24日まで
秋のお彼岸は 9月23日が秋分の日なので 9月20日~26日まで

です。

ところでお彼岸とは別に、国民の祝日としての意味・目的は
「春分の日」「秋分の日」にもちゃんとあります。

「春分の日」: 自然をたたえ、生物をいつくしむ。
「秋分の日」: 祖先をうやまい、亡くなった人々をしのぶ。

秋分の日はお彼岸の意味に沿った祭日なんですね。

「お彼岸」ってなに?なにをする日?

スポンサーリンク

お彼岸は、
ご先祖様を供養するとともに、自分を見つめ直し功徳を積む
期間で、日本独自の仏事です。

中日に先祖に感謝し、残る6日は、悟りの境地に達するのに
必要な6つの徳目「六波羅蜜」を1日に1つずつ修める日とされている。
wikipedia より

今自分があるのはご先祖様のおかげ、ご先祖様に感謝し、
「六波羅蜜」(ろくはらみつ)を実践できているか、
見つめ直し修行に励みましょう、という期間なのです。

「彼岸」とは 「あの世」
極楽浄土であり、西の彼方にあると考えられています。
春分と秋分は、太陽が真東から昇り、真西に沈むので、
西方に沈む太陽に遙か彼方の極楽浄土を思い、彼岸となった
ということです。

「此岸」、
このきし、と書いて 「しがん」、この世です。

「此岸」で善行を行ない功徳を積み、「彼岸」(極楽浄土)に至る。
というわけですね。

「彼岸」という言葉は、「日願」から来ているとも言われます。

年に1回里帰りをなさるご先祖様を、おもてなしをしてご供養する
お盆とは全く別の行事です。

「六波羅蜜」-幸せになるための6つの実践徳目

波羅蜜(はらみつ)は、
(波羅蜜多(はらみた、はらみった)とされることもあります)

仏教の言葉で、迷いの世界から悟りの世界へ至ること、および
そのために菩薩が行う修行のこと。
wikipedia より

迷いの世界である此岸(しがん)から、悟りの彼岸(ひがん)
に到達すること。また、そのための修行。
コトバンク より

ということです。

「六波羅蜜」は、
悟りの境地・極楽浄土へ至るためにすべき6つの心掛けを説いたものなんですね。

六つの波羅蜜 意味 内容
布施ふせ ほどこす 見返りを求めず人のために惜しみなく善い行いをすること
持戒 じかい つつしむ 自らを戒めルールを守ること
忍辱 にんにく 認める、忍ぶ 物事の本質を理解し、困難に耐えること
精進 しょうじん はげむ 最善を尽くし、向上心を持って継続すること
禅定 ぜんじょう 心を静める 心を落ち着けて心身を安定すること
智慧 ちえ 学ぶ 正しい知識を得、知恵の心で考えること、
上5つの波羅蜜を成すための手段。

「お彼岸」の次の記事

彼岸は「彼の岸(かのきし)」、はるか西の彼方にある極楽浄土を彼岸と言います。 お彼岸は、此岸(しがん、このきし=この世)から彼岸に行けるよ...

ちょっと応援してやるかと思っていただけたら・・・

ブログランキング・にほんブログ村へ

励みになります、ありがとうございます!

スポンサーリンク