お盆ってなに?盂蘭盆会(うらぼんえ)が正式名称。その起源は・・・

盂蘭盆会の起源
盂蘭盆会の起源

お盆の正式名称は盂蘭盆会(うらぼんえ)といいます。
盂蘭盆会の語源はサンスクリット語(古代インドの言葉、梵語(ぼんご))の
「ウランバナ」で、漢訳したものが倒懸(とうけん)と言うそうです。

意味は 逆さにかかる、逆さ吊りで、
つまり 逆さ吊りにされたような地獄の苦しみ、ということです。
しかし仏教発祥の地インドにお盆の風習はありません。

スポンサーリンク

お盆の供養の本当の意味

お盆は、6世紀中ごろ、中国の南朝時代に梁(りょう)武帝が始めたとの説があります。
それが日本に伝わり、日本の仏教の行事と民間の風習とが合わさって現代のようなお盆の行事になりました。

盂蘭盆会の行事は お釈迦様の弟子 目蓮尊者(もくれんそんじゃ)のお話に由来するのです。

お釈迦様の弟子、目蓮尊者には神通力がありました。
その神通力で亡き母が今はどうしているかと見てみると、餓鬼道(がきどう)に落ちて物を食べられずやせ細り苦しんでいる姿が見えました。

目蓮尊者はすぐさま食べ物をもって母のもとへ駆けつけ差し上げますが、母が食べようと口へ運ぶそばから燃えて灰になり、食べることが出来ません。

目蓮尊者は号泣して嘆き悲しみお釈迦様に母を救う道はないかと相談しました。

お釈迦様は

「あなたの母の、知らず知らずのうちに重ねた罪は重かったようだ。
あなた一人の力では救えないが、夏安居(げあんご)の日(7月15日)、厳しい修行を終えて帰ってくるすべての修行僧のために、たくさんの食べ物と水、衣服などあらゆるものを用意して供養しなさい。
そして僧たちと共に七世の祖先から父母まで苦しんでいる人のために供養しなさい。
そうすればその修行僧たちの先祖も亡き父母も、まだ生きている父母も苦しみから逃れ幸福を得ることができる」

と教えられました。

こうして母だけでなく多くの人を救うことができた目蓮尊者は後に続く僧侶たちもこのように慈悲、孝行をすればみな七世の祖先まで救うことができると考え、お釈迦様はその通りとお答えになり、毎年7月15日は祖先・父母に感謝し供養する日となったのです。

生前に悪いことをして地獄に落ちた死者を救うために、生きている者たちが代わりに善い行いをして、回向(えこう)の供養をする。

回向とは、

「自分が善い功徳を積み、その功徳を他の人のために回(まわ)して向ける」

ことです。

この回向の供養のことを盂蘭盆会といったのです。

夏の暑い盛り、昔々は体の弱る人も多かったのでしょう。
そうした中で生まれ、伝えられた布施、慈悲、感謝、の心がご供養であり、お盆の行事なのです。

スポンサーリンク