五山送り火 2019(大文字焼き)点火予定時刻と起源

東山・如意ヶ嶽の右大文字
東山・如意ヶ嶽の右大文字

お盆の送り火としては一番盛大で有名な行事は京都の「五山送り火」(ござんのおくりび)、有名な「大文字焼き(だいもんじやき)」です。
京都四大行事(葵祭、祇園祭、時代祭、五山送り火)のひとつで、毎年8月16日午後8時から、京都盆地の山々で「大」の文字を皮切りに次々と点火されます。

大文字焼の点火予定時刻を見る

スポンサーリンク

お精霊さん(おしょろさん)を冥府(めいふ=あの世)へ送る京都の送り火

五山送り火(ござんのおくりび)は、祇園祭と並んで有名な京都の夏の風物詩です。

送り火そのものは、あの世へ戻る精霊を送るお盆行事のひとつです。

屋台が立ち並ぶにぎやかなお祭りとは違いますがその壮大な仕掛けと夏の夜の夢のような光景には日本に生まれてよかった・・・! と理屈なく思ってしまうのではないでしょうか。

この五山送り火、京都盆地の山々に浮かぶ「文字」は6つです。

「大」「妙」「法」「舟形」「左大文字」「鳥居形」
(舟形と鳥居形は絵柄ですね)

この6つの送り火はすべてがある時一斉に始まったわけではありません。
また、6つの文字それぞれの起源や文字の意味は諸説あって確かなところは誰にもわかりません。

仏教行事であり、信仰が根底にあることは確かなようですが、明確に記された文献がひとつもないのです。

仏教行事だからこそ 記録しなかったのか、記録できなかったのか。

記録はあったが紛失した(事故?故意?)のか、または地元の人々に根付き受け継がれたもので記録などあろうはずがない のか。

江戸時代以降は京都の送り火についてもさまざまな書籍が発刊され、「五山送り火」の歴史はこれらを頼るしかないのですが、それにしても五山それぞれの文字の由来や筆者、所在地の沿革などを明確に記した資料は乏しいようです。

また、現在の「五山」以外にも

「い」京都市左京区静市市原町
「一」京都市右京区鳴滝
「竹の先に鈴」 京都市西京区松尾山?
「蛇」京都市右京区北嵯峨
「長刀(なぎなた)」京都市右京区嵯峨観空寺

など、点火されていた送り火があったとされています。

いずれにしても、一般の人々の手によって数百年も受け継がれ現在も地元の人やボランティアの方々によって大切に続けられている行事なのです。

6つの送り火はまた、火床の作り方や燃やすもの(松明、松葉、麦わら、護摩木など)も点火のしかたもそれぞれで違います。

特徴的なのは嵯峨野に灯る鳥居形松明送り火です。

16日の朝に山のふもとから山上へ松明が運ばれ、「親火床」(7箇所)に設置。
午後4時ごろ、再び山上で親火床に使う薪を作り、
午後6時ごろ、親火床に点火し、
午後8時20分、点火の合図の太鼓合図で火を移した松明を持って一斉に走り、108つの
火床に突き立てられます。

108つは人間の煩悩の数です。

鳥居形の送り火と広沢池の色とりどりの灯籠が幻想的です。

各送り火の起源やそれぞれの火床のことなどが
こちらに詳しく案内されています。

⇒ 京都五山送り火連合会

五山送り火がいつどのようにして始まり、いつ全部そろったのか。

はたまた綿密な計画があったのか。

ご先祖様に聞いてみたいですね。

*

五山送り火 点火予定時刻

五山送り火 点火予定時刻

スポンサーリンク

コメント

  1. ひばり より:

    コメントをありがとうございます。
    生きとし生けるものすべてが脈々と命をつなぎ、そして今があり自分が存在すると考えると
    当然のようでもあり不思議なことのようにも思います。
    お盆は終わりましたが、誰にも必ずご先祖様がいることを忘れずにいたいものです。
    世界の人口は73億人(2015年)ですが、この全人類の「母」はたった35人だそうですね。
    日本人の「母」は9人だとか。
    人類みな兄弟。
    ご先祖様にいただいた命を感謝し、平和を願うばかりです。
    ひばり

  2. 感謝の心を持って手を合わせて幸せ より:

    「盲亀の浮木」人とのつながりは盲亀浮木の如く。
    大海に住む盲目の亀が百年にただ一度だけ海面に浮かんでくる時に、
    たまたま穴の開いた流木が浮いて、その流木の穴に首入れるという仏教の寓話があります。
    言わば、めぐり合うことは非常に難しいことの例えです。
    このように考えてみると、
    血のつながる家族となることは、盲亀浮木のような奇跡の確率です。
    生まれてくることは、両親がいます。それぞれの祖父母4人。
    時間軸をさかのぼっていくと、10代を遡ったら自分と同じ血が流れている先祖は1024人。
    20代前だと100万人!
    そのうちのただのひとりでも欠けたら、自分はいま存在していないです。
    「命」を次につないできたから、現在の自分の「命」があります。
    家系図作りが、命のつながりを知ることで家系の歴史を知ることができます。
    先祖に手を合わせて感謝の心は常に大切にしていきたいです。