ミソサザイは鷹の仲間ー小さくても最強ー鳥の王者は鷦鷯

鷦鷯(みそさざい)
鷦鷯(みそさざい)

ミソサザイ:スズメ目ミソサザイ科ミソサザイ属に分類される鳥類の1種。
全長が約11 cm、翼開長が約16 cm。体重7-13g。
和名のサザイは、古くは「小さい鳥」を指す「さざき」が転じた。

日本の野鳥の中でも、キクイタダキと共に最小種のひとつ。
早春の2月くらいから囀り始める習性があり、平地や里山などでも2月頃に
その美しい囀りを耳にすることができる。
(Wikipediaより)

スポンサーリンク

播磨 (現 兵庫県西部あたり)に伝わるお話。

むかしむかし大昔、色々な鷹の仲間が集まって
酒盛りをしていました。

我こそは鳥の王者だと言ってはばからない鷹が大勢集まって
飲めや歌えのおおさわぎです。

賑やかな声に誘われて、ちいさなミソサザイが様子を見に
やってきました。

「楽しそうだなぁ! ご馳走もたくさんあるぞ。
 ボクも仲間に入れてくれないかなぁ!
 よし、ちょっと頼んでみようっと。」

「やぁみなさん、にぎやかですねぇ。
 ボクもちょっと、仲間に入れてもらえないッスかね?」

するとたちは一瞬きょとんとして、それから大笑い。

「なんだ?おめぇ。 またずいぶんとちっこいなぁ!
 え? オレ達の仲間にしてくれってか?
 いや、こりゃいいや、あっはっはっは~~」

涙を流しておなかを抱えて笑っています。

ちょっとカチンときたミソサザイ。
ずんずんと大将と思しき鷹に近づくと、

「どうしたら仲間に入れてもらえるのさ?」

と聞きました。

大将は笑いながら
「はー、はー、あ~ハラ痛ぇ・・・ あ~~まいったなこりゃ。
 ・・・ぁあ? 仲間? 」

「そうだなぁ。
 そんなに仲間に入りたいんだったら、猪を捕って来い。
 そうしたら喜んで仲間に入れてやるよ。
 まぁ、そんなにちっこいおまえに、猪は無理だろうなぁ。」

ミソサザイは猪と聞いてちょっとビビリましたが、
すぐに勇ましい顔になって

「わかった! 捕まえてくる!」

と言うが早いか飛び出して行きました。

ミソサザイがのいる山に向かって飛んで行くと
藪の中で寝ている猪を見つけ、耳の中に入り込みました。

「いてっ! いてててててっ!
 な、なんだ? ひぃ~~!助けて~~」

寝込みを襲われ耳の中で暴れるのがミソサザイとは知らず。

どう転がっても出てこない、取り出そうにも足は耳に届かない、
辛抱たまらずあちこちにぶつかりながら苦しむ猪。

とうとう大きな岩にどんっ!と激突して死んでしまいました。

ミソサザイは大威張りで鷹たちのところへ戻ると
猪退治を報告し、大将を猪のところへ連れてきました。

「仲間に入れてくれる?」

「う・・・む。
 こいつは小さいが知恵がある、おそろしいヤツだ。
 仲間にするしかないだろう」

大将は、付いてきた仲間と相談し、
ミソサザイを仲間に加えることにしました。

するとその時、ひときわ大きな 熊鷹 が負けん気を出し

「調子に乗るなよ、いいか、鷹の力がどれほどのものかを
 見せてやる」

よせばいいのに触発されて飛び立ちました。

運が良いのか悪いのか、
ちょうど熊鷹の眼下に2匹の猪が連れ立って歩いています。

熊鷹はまっしぐらに急降下すると右と左の足に1匹ずつひっかけた!

2匹の猪が驚いたのなんのって、そりゃもうびっくりして
暴れるけれど熊鷹は離すもんかと力を込めると
2匹がそれぞれ反対方向に猛スピードで走り出したからさあ大変!

余計な見栄とプライドでいらんことをした熊鷹は
足の付け根から二つに裂けて死んでしまいましたとさ。

*****************************************

このお話には岩手に別バージョンがあって、

つまんないつまんないと愚痴をこぼすミソサザイが
鳥仲間と「ご馳走をし合おう」ということになり
猪の耳の中に入って仕留め、豪勢なご馳走をして、
それに対抗した「荒鷲」が一度に2匹の猪を仕留めようと
両足に掛けたが仕留められず大怪我をした

というお話になっています。

ミソサザイは 鷦鷯 と書きます。
全長11cmほどの、スズメより小さな茶色い鳥です。

ここのブログさんにミソサザイの可愛い写真がたくさんあります。

日本全国に分布しているそうですが、
カラスや百舌のように街中ではほとんど見かけませんね。
自然の中にいるのが好きなようです。

日本でも最も小さな鳥の一種で、小さなからだに似合わず
高い大きな声で鳴きます。

その小ささからか、日本だけでなく世界にもミソサザイの
お話があります。

グリム童話ではクマとミソサザイがたたかい、
スコットランド民話ではどちらが高く飛べるか、鷲と競争します。

小さい者が大きくて強いものを倒す!
気持ちいいですよね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする