山父のさとりー「やまちち」は山に棲む日本の妖怪さとりおとこー。

山父(山爺)
山父(山爺)

山父は一つ目一本足の日本に伝わる妖怪。
山爺(やまじじい)、やまんじいと呼ぶ地域もある。
その大声は天地を震わせ、岩を動かすと言われるそうな。

「目は二つ目だが、片方が大きく片方が非常に小さいため、
一つ目に見えるとある。一つ目の伝承は、この一つ目に
見える二つ目が誤解されて伝わったものともいう。」
(Wikioedia より 抜粋、画像もWikipedia)

スポンサーリンク

阿波、土佐(現 徳島、高知あたり)に伝わるお話。

むかしむかしあるところに一人の桶屋(おけや)がおりました。

雪の降った朝、桶屋が外に出て仕事をしていると、
山の方から一つ目一本足の恐ろしい怪物がやってきて
働いている桶屋の前に来て立ちました。

桶屋は恐ろしくてぶるぶると震えながら

「これがうわさに聞く山父だな・・・」

と思いました。

するとその怪物は

「おい、おまえ今、これが山父だなと思っただろう?」

桶屋が
こっちの思っていることがわかるのか?
これは大変だ!
と思うと、

「おい、おまえ今、こっちの思っていることがわかるのか
 これは大変だ!と思っただろう?」

と言います。

う、うわぁ・・・ こりゃ困ったぞ・・・

何を思っても、思うそばからなにもかも言い当てられて
桶屋は困り果ててしまいました。

もう頭はぼ~っとしてくるし
恐ろしくてその場を離れることも出来ず、
桶屋はぶるぶる震えながらしかたなしに仕事を続けました。

そうして、

あまりの恐怖と寒さでかじかんだ手が思わず滑って
桶の箍(たが)の竹の端が前へ弾けて
山父の顔を パチン! と打ちました。

「あ!」
桶屋は固まりました。

「あ!」

山父もこれにはびっくり仰天!

「人間というやつは時々思っていないことをするから
 怖い。 ここにいたらどんな恐ろしい目に合うか
 わからん! ああ恐ろしや」

と言って

先ほど来た山の方へどんどん逃げて行ってしまった
そうです。

***********************
山父は同じ山の妖怪「山姥」など、人を襲う妖怪と比べ
性格がおとなしく、人に騙されることもあるとか、
人間に福をもたらす妖怪だという説があり、
またそれにまつわるお話もいくつかあるようです。

人の心を読むとは恐ろしい妖怪ですが、偶然が起こした出来事を
「人間は思っていないことをする」といって恐れるところが
なにか人間っぽくて憎めない妖怪ですね。

高知県には山爺のお話がたくさん残っているそうです。
『土佐お化け草紙』には、
馬で荷を運んでいた男が山父(山爺)に荷を食べられ、
しまいには馬まで食べられてしまったというお話がある
そうです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする