七五三の起源と歴史、平安時代から変わらぬ我が子を思う親心。

七五三
七五三

七五三は平安時代の中頃、公家の間で3歳~7、8歳の
男女のお祝いの儀式を行なっていたことが起源といわれます。

七五三の原型は江戸時代、「七五三」の語は明治時代から、
今日のような七五三のにぎわいは大正時代からのことだそうです。
今は神社でもお寺でも七五三のお参りをしますね。
子の成長を祝うのに、神道仏教の垣根は関係なしですよね。

スポンサーリンク

七五三の始まりは平安時代の「髪置き」の儀式

平安時代末期~鎌倉時代には男女とも2、3歳頃になると
「髪置き(かみおき)」といって、それまで剃っていた頭髪を
伸ばし始めるのを祝う儀式が行われるようになります。
これが武家社会にも広がり、江戸時代まで続きます。

この時代、赤ちゃんが生まれると7日目には頭髪を剃り、
3歳頃までは男の子も女の子も坊主頭だったのです。

乳児の時に剃ることで後々健康な髪が生えると信じられていた、
といわれますが、他にも頭髪が病の原因になるとも考えられて
いたようです。

「髪置き」は、「櫛置き」「髪立て」などともいいます。

5歳・7歳は一人前の「人」になる儀式

スポンサーリンク

男の子は5歳になると「袴着(はかまぎ)」の儀式、
初めて袴をつけ、子供から少年の仲間入りをします。

7歳になった女の子は「帯解(おびとき)」の儀式で
初めて大人と同じ着物の着方で大人と同じ帯をし、少女になります。

3歳、5歳、7歳は
「3歳で言葉を、5歳で知恵を、7歳で歯を授かる」
といわれるそれぞれの年に、その成長を祝い、大人になる準備の
お祝いをしたのですね。

七五三は子供の命の無事を祝う儀式

本来日本は自給自足の農業国です。
近代化が進む以前、ちょんまげの時代までの多くの国民は農家、
ひとたび飢饉になればまず命を落とすのは子供と年寄りです。

子供は特に、大人になるまで生きるのでさえ大変でした。

栄養失調、病気での自然死はもちろん、
子だくさんの家では食べて行かれなければ「間引き」されます。
育てられない、養えない子や障害のある子は間引かれるのです。

間引かずにいれば、強制的に連れて行かれます。
「神隠し」といわれました。
赤ちゃんが生まれても、
7歳まで育てられなければ神様にお返しすると考えたのです。

今では想像も出来ないことですが、やむを得ない時代でした。

江戸時代中期からは戸籍は「人別帳」に記録し、お寺が管理していました。

赤ちゃんが生まれても少なくとも3~4年、7歳頃までは届け出なかったこともあったようですが、それはこうした理由からなのでしょう。

それ以前は「人別帳」のような、一般庶民の戸籍までを
管理する制度はありませんでした。

「七つ前は神のうち」
「七歳未満喪服なし」
「悼(トウ=七歳)は罪ありとも刑を加えず」

7歳までは人の子でなく神の子なので、
亡くなっても喪に服さないし、罪をおかしても処罰しない
ということです。

悲しい歴史の一面です。

七五三の儀式を全部済ませることが
どんなに大変な時代だったことでしょうか。

子供のお祝いは鬼が来ない日にしなくちゃ!

七五三を11月15日に行うことになったのには諸説あります。

有名なのは、
旧暦15日は二十八宿(にじゅうはっしゅく)の「鬼宿日(きしゅくび)」
で、鬼が出歩かない日であり、婚礼以外すべて「吉」の日であった。
ことでしょうか。

他に

    • 旧暦の11月は収穫を終えてその実りを神に感謝する月、その月の満月の日である
      15日に、氏神への収穫の感謝と子供の成長を感謝し、加護を祈るようになった。
    • 中国の古い思想「陰陽道(おんみょうどう)」でこの日が年中最上の吉日であった。
    • 出雲大社に神が集まるとされる月の、7+5+3=15日 になった。

などなどありますが

11月15日を定着させた大きな出来事は
徳川五代将軍綱吉(つなよし)の子、徳松君(とくまつぎみ)の
祝儀を天和(てんな)元年(1681)の11月15日に行ったこと
だったようです。

子供が健やかに伸びやかに成長できますように!

七五三の行事は江戸を中心にした関東で始まり、一般庶民にも広まりました。
まだ「七五三」という呼称はなかったけれど、
「千歳飴」は早くもこの時から出現しました。

千歳飴は、飴の歴史としても、もっとも古いものだそうです。

おなじみの長~い飴は、江戸は浅草の七兵衛という飴売りが
長袋にいれて「千年飴」または「寿命飴」と書いて売り歩いたのが
始まりといわれています。

商魂もたくましいかも知れませんが、
子供は社会の宝、子供らの成長を願う大人たちの視線の温かさを
感じませんか。

「千歳」は「千年」、長生きの願いを込めて長く伸ばし、
飴は伸ばして作る、伸びる、 健やかな成長を願い、
縁起の良い紅白の色でそれぞれ着色してセットにし、、
鶴亀松竹梅の図柄をあしらった袋に入っています。

「伝統的な製法」を守り、神社でお祓いをしてから店頭に並べる
というお店もあるそうです。

七五三を全部やるか、いつやるか、男女区別なく5歳も7歳もやるか

色々な考え方、色々な事情、スケジュール調整、諸々ありますね。

七五三の本来の意味を知ったら
いつでも、何回でも、どんな着物でも服装でも良いと思えます。

元気で笑って育ってくれたらそれが一番、それだけでお祝いです。

豊かな時代になり、人生100年とまで言われる時代になりました。

子供が7歳になることは難しいことではないと思います。

が、健やかに、のびのびと成長できて、その先の人生が幸せで
希望にあふれる世の中であってほしいと、心から願います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. milk 3 より:

    人別帳には7歳まで届けなかったとのことですが、これも誤りです。私は数十冊の本物の人別帳を研究資料として所有していますが、例外なしに一歳から記録されています。今まで100冊以上見ていますが、そんなものは見たことも聞いたこともありません。

    • ひばり より:

      milk 3さん
      おはようございます。
      再度のコメント、ご指摘を大変ありがとうございます!

      > 例外なしに一歳から記録されています

      そうなのですか!
      ちょっとびっくりしました。

      7歳まで届け出なかった・・・は、私が図書館で読んだ本にそのような記述があり、他サイトでもいくつか同様の記載があったので、子供が育つことが難しい時代にはあったことだなと思い、七五三のお祝いは親にとってどんなにか嬉しいことだったろうということを書きたかったのですが、ご指摘の通り、届け出なかった、としてしまってはいけませんでした。
      確かに必ずそうだったわけではなく、そういうこともあっただろうとは想像できますので修正いたしました。

      ご研究の資料としてたくさんお持ちとのこと、前回の浮世絵のことも、実際に深くご研究なさっていらっしゃる方のコメントやご指摘をいただけるとはなんとありがたいことかと、畏れながら感謝申し上げます。
      日本の歴史を辿るのは面白く楽しく、大好きではありますが所詮は素人、しかし出来る限り頑張って調べること、書き方に注意など心がけて今後のブログ記事を書いてゆきたいと思います。
      ありがとうございました。
      今後ともよろしくお願いいたします。

  2. milk 3 より:

    七五三という呼称は、江戸時代からあります。浮世絵の画題としていくつも例がありますよ。

    • ひばり より:

      milk3さん
      おはようございます。
      コメントありがとうございます!

      本当に、江戸時代の浮世絵に「七五三祝ひの図」などいくつもありました。
      お教え下さってありがとうございます!
      ウェブサイトや書物などでは七五三と言われるようになったのは明治からとするものが多いようですが、これはこうした浮世絵などがあって七五三という呼称が広く一般的になったのが明治と考えられそうですね。
      大事な所が調査不足でした!
      ありがとうございます!