笠地蔵(かさじぞう)ー東北の雪降る大晦日、お地蔵様と老夫婦のお話ー

お地蔵様
お地蔵様

よく知られた「笠地蔵」のお話、主に東北地方に伝わる昔話です。
お地蔵様の数や、お爺さんの「笠」などは様々なバリエーションが
ありますが、あらすじはほぼ同じです。

そして共通しているのは「大晦日」。
昔の人々の暮らしは決して豊かではなく、年を越すだけでも大変、
それでも今より幸せなことは多かったのかも知れない気がします。

スポンサーリンク

東北地方に伝わる貧しい老夫婦のあったかいお話

むかしむかし、ある山里の村にお爺さんとお婆さんが住んでいました。
ふたりは大変正直者で人が善く、働き者でした。

けれど年をとっていたし、その年は米がよくできず、
お爺さんは毎日編み笠をこしらえて町に売りに行ってなんとか
暮らしておりましたが
明日は正月を迎えるというのにとうとう食べるものもあとわずかに
なってしまいました。

お爺さんは残った藁をぜんぶ使って5枚の笠を編み終えると

「婆さん、では行ってくるよ
 この笠を売って餅を買ってくるから」

「はい、おじいさん、お願いしますよ
 くれぐれも気を付けてな」

町へ行く途中、山を下ったところに六つのお地蔵さまが並んでいます。
お爺さんはいつものように立ち止まってご挨拶をします。

「お地蔵さま、今日も笠を売りに行くことができます。
 ありがとうございます。
 どうぞ笠が売れて餅が買えますように、正月が迎えられ
 ますように」

町は暮れの市でにぎわっておりました。

「笠はいらんかね、笠はいらんかね」

お爺さんは1日中歩き回りましたが
大晦日の町、あわただしく行き交う人に
お爺さんから笠を買う人はひとりもいませんでした。

「ふぅ。いっこうに売れんのぅ」

しかたなくお爺さんは笠を背負って帰ることにしました。

「はぁ、婆さんが さぞがっかりするだろうなぁ
 残念だなぁ、かわいそうだなぁ」

町を出ると、ちらほらと雪が舞いはじめました。

山のふもとまで来た時にはすっかり吹雪になり
お地蔵さまが寒そうに濡れて立っています。

「ひゃあ、この雪の中じゃお地蔵さまもさぞ冷たかろう」

お爺さんはお地蔵さまの頭の雪をはらい、
背負っていた笠を1つずつのせて、あごの下でちゃんと
ひもをむすんでやりました。

でも笠は5枚、お地蔵さまは六つ、1枚足りません。

お爺さんはじぶんでかぶっていた手拭いを
最後のお地蔵さまにかぶせ、これもきちんとあごの下で
むすんでやりました。

「お地蔵さま、申し訳ないがお許しくだせえ。
 こんなものでもいっときのしのぎにはなりましょう」

そうしてお爺さんは空手で家に帰り、お婆さんにその話を
するとお婆さんは

「それはそれはお爺さん、良いことをしましたねぇ
 お地蔵さまもきっと喜んでいらっしゃることでしょう」

と言って喜びました。

結局お正月の備えどころか食べるものも尽きてしまいそうな
有様でしたが、しかたありません。
ふたりはもうすることもないし、早々と寝てしまいました。

しんしんと雪の降り続く大晦日の夜。

明け方近くにお爺さんとお婆さんは物音で目を覚ましました。

「あれ、なんの音だろう?」

「そうですねぇ、なにか、声も聞こえますよ」

言っているうちにふたりの家にどんどん近づいてきます。

聞こえてきたのは歌声でした。

「六つの地蔵さ笠かぶせた
 爺あ家はどこだ
 婆あ家はどこだ」

そうしてここだここだという声がして、
家の前に、どすんどすんと重いものを置くような音がしました。

お爺さんとお婆さんがびっくりして戸を開けてみると
大きな袋がどっさりと積んであり、六人のお地蔵さまが帰って
ゆく後姿が見えました。

ふたりで袋を開けてみると、大判小判、米や餅や炭など、
野菜や魚、お酒まで、色々なものがたくさん出てきました。

これでりっぱなお正月の支度が出来るし、その後もしばらくは
充分に暮らすことができます。

ふたりはありがたい、ありがたいと手を合わせて喜びました。

**********************************:
このお話は雪深い山里に住む老夫婦のお話です。

岩手福島新潟など東北地方の各地で伝承されているようです。

なんか、いいですよね。
心があったかくなるというか、ほっこりします。

単純で、簡単でわかりやすいお話だからなお良いのですね。

とりたててこんなに良いコトをした!というのでもなく
悪者をやっつけて平和を守った! という大そうな話でもなく、

かといって
正しく生きていれば必ず報われる、とか
善行を行ない徳を積めば巡り巡って自分に帰ってくる、とか

どこかの教科書のような、
はたまた仏教の教えだとか信心だとか

そんなことを持ち出さなくても
きっと誰もが自分の中に持っているあたりまえの心に
共鳴するんだと思います。

この「笠地蔵」というお話、
言い伝えているうちに変化したのか、土地によって違うのか
色々なバリエーションがあります。

お地蔵さまの数は5体~7体が多くて

着せてあげるのは「笠」が一番多いようですが5枚でなく
お爺さんも笠をかぶっていたので6枚でちょうど間に合ったとか

その「笠」が「ゴザ」だったり「反物」だったりします。

雪が降ってきて着せてあげるのですが、町へ行く時、帰り道
両方あります。

お礼に来てくれるお地蔵さまも数が色々で、歌も色々です。
お地蔵さまではなく、七福神が来るバージョンもあるのですって。

でも、あらすじは同じ。
お地蔵さまのおかげで幸せな年越しができたお爺さんとお婆さん。

そのあとも、どうかお地蔵さまと仲良くね。
いつまでも元気でいてね。

そして動けなくなった時は、きっとまたお地蔵さまが
幸せなあの世への旅立ちを助けてくれますように。

どうも、現実的な心配をしてしまうのが現代人の余裕のなさ。
なのでしょうかね?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする