お年玉ってなぜあげるの?なぜお金なの?子供にも伝えたい親心!

お年玉は「御年魂」
お年玉は「御年魂」

お正月といえば子供たちが心待ちにしている「お年玉」。
大人にはちょっと大変、なぜこんな習慣が、いつから出来たの?
お金をあげるって、なぜかなぁ? なんてつい思ってしまいます。

お年玉は、子供たちの一番の楽しみ!大人たちの一番の悩み!
って感じの新年恒例スペシャルイベントですね。
お宅はお年玉、どうしてます?

スポンサーリンク

お年玉の起源や歴史にみる本当の意味

お年玉の起源は、
歳神様(としがみさま)にお供えしたお餅を神棚から下ろして、
目上の者が目下の者へ分けたのが始まりというのが主流 のようですね。

年神様(歳神様とも)は特別な神様であったり、
その家のご先祖様であったり、このへんは曖昧です。

お供えするのは鏡餅(かがみもち)、
鏡餅には年神様の魂が宿ると考え、これを「年魂(としだま)」
として分け、食べることでその年の幸福や活力をいただく、
ということだったようです。

なるほど、「お餅」というのはお米を搗いてお餅にします。

お米は日本人の主食、大事な「食の原点」です。

大切な大切なお米を搗いたお餅には年神様の魂が宿ります。

お供えしたお餅=年魂(としだま)を皆で分け食べることで
旧年の無事を感謝し、新しい年の福徳を願い、
年神様の力を私たちにも分けていただくのですね。

その後、時代は流れ年始の贈答品を「お年始」「お年玉」として
金品を贈ることがさかんになります。

そして家長から家族へ、主人から使用人へ、師匠から弟子へなど
いわゆる「目上の者から目下の者へ」贈る場合は「お年玉」

それ以外は「お年始」「お年賀」とされるようになり、
自然と「お年玉」は子供にあげるものとなっていったようです。

お年玉が「子供にあげるお金」になったのはわりと最近

今のように「お年玉」が完全に「子供にあげるお金」になったのは
戦後の混乱期を越え、高度成長時代にさしかかる昭和30年代頃。
豊かになった日本を感じます。

現在のお年玉って、まだまだ新しい習慣なんですね。

そうすると、私の世代あたりが 今のお年玉の始まりの世代ですねぇ。

でも、お年玉の起源とか由来とか、年神様の魂をいただくとか
聞いたこともなかったです。

それぞれ自分の家で年神様をお祀りする習慣がなければ、
いえ、あっても、お年玉の元々の形とか意味とか、知らない人のほうが
多いのではないでしょうか?

今はインターネットのおかげで
なぜ?と思ったことは即座に調べることができますが、
なぜ?と思わなければ調べないわけで。

子供たちにとっては お正月とお年玉はセット、それだけで充分だし
理由なんてどうでもよいコトかも知れません。

子供たちだって、もっとお年玉が嬉しくなると思うなぁ

でもね。
お年玉は年神様から賜る縁起物、
それを目下の者に分け与え、将来の幸せまでも願う親心だということを
ちょっとでも教えてもらえたら、もっと嬉しいのじゃないかな、と
という気がするんですけど。

嬉しいとまでは感じなくても、ほんのちょっと意識が変わるのでは
ないでしょうか。

私も自分の子供時代を振り返ると
もういくつ寝るとお正月~~ って歌いながら
取らぬ狸の皮算用ばかりしていました、はい(笑)。

あの頃は親の兄弟も多くて、親せきが一堂に会するお正月は
子供にとって年に一度の「書き入れ時」ですからね。

でもウチは、その分親だってお年玉をあげる人数が多くて大変ということで
「もらったお年玉の半分は親のモノ」と、否応なく巻き上げられました。

その理不尽さに文句たらたらでしたが
今思えば、親だって本当はそんなことしたくなかったのだろうと思います。
でも、我が家にとってその頃は厳しい時代でもあり、致し方なかったと。

回収したお金は子供名義で貯金をしようとしたこともあったようですが
結局いつの間にか家計の足しになってしまったようです。
でもそれはつまり、私が立派な(?)大人になるために使ったわけですよね。
(と、オトナになってやっとそう思う)

お正月という特別な日にもらうお年玉は、
新年がめでたいからいただけるタダのお小遣いではないということを、

だから金額ばかりを数えるのでなく、
それがいくらであっても、今年の幸せのために、将来の幸せのために
どう活きた使い方をするか、だということを、

ニッポンの将来を背負って立つ子供たちに伝えるのは良いことではないかと

もうすっかりお年玉と無関係になった今になって思う、年の瀬です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする