12月は正月事始め!煤払い?松迎え?とにかくお正月の準備です!

門松
門松

12月13日は正月事始めの日です。
え!もうお正月を始めちゃうの?
いえいえ、新しい年を迎える準備を始める日です。

煤払いは大掃除、松迎えはお飾りの準備ですが
現代にはピンとこないことも多いですね。
そもそもお正月の準備にはちょっと早すぎない?

スポンサーリンク

事始め、事納めは「事八日」という日本の年中行事です

「事八日」。 ことようか と読みます。

「事の八日(ことのようか)」と言うこともあります。

事始め=事を始める日と、事納め=事を納める日(終わりの日)を総称して
そう言います。

年神様を迎える、つまりお正月の準備を始めるのが「事始め」=正月事始め、
年神様をお祀りするお正月の一連の行事をすべて終える日が「事納め」です。
そうして完全に日常の生活に戻る、というわけです。

事八日というくらいですから基本的には
12月8日を事始め、翌年2月8日を事納めとすることが多いようですが
この日付がまた色々あるのですね。

事始めの日は12月13日とするところも多いです。

宣明暦(せんみょうれき)の12月13日は二十七宿で必ず「鬼」の日(鬼宿日)
となり、婚礼以外すべて吉とされているので、年神様を迎えるのに良いとして
この日になり、暦が変わっても「12月13日」はそのまま残りました。

江戸時代に江戸城の煤払いをしたのが12月13日で、それに習って年末の大掃除を
始めた日が主流になった、とする説もあります。

事納めの日は2月8日
旧暦の2月8日は今の暦で3月20日頃ですので
通常の生活に戻り、農作業を始めるのに良い頃だったのでしょうね。

事納めを1月8日とするところもあるようです。
これは松が取れ、七草が終わればお正月も終わりとしたのでしょうか。

ただ、これはちょっと早い気もしますよね。
せめて「お焚き上げ」が行われることが多い小正月(1月15日)くらいが
良いのではないでしょうか・・・。

それにしても「小正月」ですからね。
昔は小正月までを松の内とした、とか
お正月に忙しかった女性がひと休みする「女正月」とも呼ぶ、とか
お返しした去年の御札を燃やすなどの左義長やお焚き上げ、とか
まだまだ新年の行事が続きます。

その前の1月8日に事納めはちょっと早いでしょう?
これも旧暦1月8日(現在の1月末〜3月頃)がそのまま日付だけ残ったのでしょう。
それにしてもちょっと早い気がします。

事始め、事納めは逆転する?

年神様をお迎えする、という神様関連では
事始め=12月8日
事納め=2月8日 ですが

農作業のカレンダーでいくと
事納め=12月8日
事始め=2月8日 となります。

12月8日にはすべての作業を終え、道具を納めるので事納め。
暖かくなって農作業を始められる日が事始めです。

また、「針供養」の事八日もあります。
12月8日、豆腐やこんにゃくなどの柔らかいものに古い針や折れた針を刺して
神社などに納めます。
日頃硬いものを縫ったりして働いてくれた針を供養し、裁縫道具を休ませる
「物忌」の行事です。

農作業と違って1年中できる裁縫ですが、これも年末年始、女性を休ませる意味も
あるのだとか。

2月8日には事始めとして日常に戻るわけです。

正月事始めの日からお正月の準備って、何をするの?

12月8日にしても12月13日にしても、今の時代こんなに早くから準備をすることも
あまりないと思いますが・・・

昔は何事も手間がかかることばかり、
実際、この時期から始めないと間に合わなかったでしょう。

お正月に年神様をお迎えするための年末の大仕事といえば
・煤払い
・松迎え
・歳暮周り(お世話になった人に年の暮れのご挨拶に伺う)
といったところでしょうか。

「煤払い」はいわゆる大掃除ですが、
昔は掃除機なんてありませんし、第一料理やお風呂、その他何事につけても
「火」を起こすのは薪や炭だったでしょうから、1年経てば煤もたまります。

年神様をお迎えするのは神道の精神ですから、汚れはいけません。
家中を清浄にし、新たな気持ちで新年を始められるようにするのが大事です。

「松迎え」は門松や正月飾りの準備です。
今は買ってくればあっという間ですが。

昔は門松のための松は事始めの日に山から取ってくるので「松迎え」です。
この日から「松の内」に入り、いつでも門松を設置できることになるのです。

ただ、29日は「二重苦」、31日は「一夜飾り」となるので避ける、
30日は旧暦12月31日(大晦日)となるので避ける、
ということで、門松や正月飾りは28日までに飾るものとするのが一般的です。

また、おせちやお雑煮に使う薪なども山へ取りに行くなどして準備しました。

「お歳暮」は、本来贈答品を持参して直接訪問しました。
今は暮れのご挨拶として贈る品物を「お歳暮」と呼ぶようになりましたが。

年の瀬も押し詰まり、28日頃にはお餅つき、しめ飾り、おせちの仕上げ、
食器や箸を新しくするなど、やることが山ほどあります。
これを滞りなく手際よくするためにも、ここまでの準備がモノを言うのでしょうね。

今は掃除機もガスコンロも電子レンジもあるし、
お餅もおせちもお飾りも買ってくれば良いのです。

お歳暮だって居ながらにしてカタログやインターネットで注文も支払いも一発です。

なんと便利な世の中なんでしょうか。

2月8日事納めは、何をするの?

年神様をお祀りした神棚をはずしてお正月の行事をすべて終了する日です。

門松や正月飾りは
・1月7日の松の内まで、1月8日にははずす
・小正月(1月15日)までを松の内とし、当日か翌日にはずす
・二十日正月(1月20日)までを松の内とし、当日か翌日にはずす

などなど色々あるようですが、2月8日にはお正月行事のすべてを終えるのです。

まぁイマドキは、長くても1月が終わればお正月は完全に終わる感じですね。
仕事はとっくに始まっているし、
1月が終わる頃にはなんと雛人形のCMが始まったりしますし。

今の時代、事八日の実践も難しくない?

確かに女性だって家の中ばかりには居ないし、仕事によってはお正月は書き入れ時、
核家族だし、新年だって松が取れる前に出勤です。
そもそもお正月は家に居ないし、という人も多いでしょう。

悠長に年末年始をやっていられる人がどれほどいるのか、って話ですよね。

便利な世の中になりましたが、それでも12月はやたら忙しくて大掃除なんて夢、
できるだけ割愛しなければ、いったいこの身をいつ休めたらいいの?
本当に多忙な現代人です。

いつか隠居生活にでもなったら
ゆったりと古式にのっとって年末年始を過ごしたいものです。

スポンサーリンク