日本の国旗「日の丸」を玄関先に掲げるって、良いことだと思うんですけど?

日の丸
日の丸

日本の国旗は日の丸です。
サッカーのワールドカップやオリンピック・パラリンピックで
日の丸を振って応援したり、上位入賞して日の丸が掲揚されたりすると
嬉しいし、誇らしい気持ちになりますよね。

日本人としてこの国に暮らしていれば日の丸を見ることは嬉しいこと。
祝日に、玄関先に日の丸が上がっていてもおかしくないと思うのですが。

スポンサーリンク

「旗日」って死語なの?

ほんのちょっと前まで、祝祭日のことを「旗日(はたび)」と言っていた人が多かったんだけど。

今はほとんど言わなくなりましたね。
「旗日」と言って通じる人がどんどん歳を取っていなくなってしまったのかしら?

周りも言わなくなったし、私も「旗日」という言葉を使わなくなりました。

なぜかな?
と思ったら、旗を出さないから なんでしょうね、きっと。
旗を出さないのに「旗日」という言葉だけが残るなんてことないですもんね。

そう、少し昔までは祝祭日には玄関先に日本の国旗・日の丸を出す家が多かったんです。
旗を出す日だから、「旗日」です。

多くは玄関または門の両側に1枚づつ、2枚の日の丸を掲げていました。
だからどの家もちゃんと旗を立てる(挿す?)金具などが設えてあったのですよね。

少し前って、どのくらい?

う〜〜ん・・・
当たり前のように各家が出していたのはいつ頃までだったか・・・
40年くらい前までかな・・・

ぜんぜん 少し じゃないじゃん。
すっげー昔のことじゃん!

って言われそうですね。

そう言われれば40年前って、すごく遠い昔のようにも思うけれど。
でも、感覚的には 少し前 なのよね。

まぁとにかく、戦前だの大正、明治の話じゃないってこと。

ところがその40年くらい前あたりから、めっきり減った気がします。
すごい勢いでどんどん減ったの、旗を出す家が。

一般家庭が日の丸を掲揚するなんて、今や珍しい光景になってしまいました。

なぜだろう?

自然減ということはあると思います。
核家族化が進んだし、子供世帯が独立するときに国旗まで用意しないとか
祝日のたびに表に出して傷んで廃棄となっても買い換えないままとか。

なんというか、現代的な、少し時代の先端を行くオシャレな暮らしには
日の丸なんて年寄り臭いとかダサいとか、そんな感覚の違いとか。

もうひとつ、看過できない理由もあったようですね。

国旗「日の丸」を掲揚するなんて「右寄り」だの「左寄り」だの、
軍国主義だの某国の反日思想だの日教組の戦後教育だの。

なにかに毒されている人のように思う、ように仕向けられた時代があったのは
確かだと思います。

そういうことに触れたくない、近づきたくないと思う人が増えて
国旗掲揚をしなくなった、ということもあるかもしれません。

でも、そういう時代すら過去のことです。

東京オリンピックも近いことですし、その時にはものすごくたくさんの日の丸が
いたるところにはためくことでしょう。

良い機会です、今また日本の国旗「日の丸」を見なおしてみたらどうでしょう?

日の丸の正式名称は「日章旗(にっしょうき)」です

私は好きですねぇ。 日の丸。
究極のデザインですよ。

明治時代にはイギリス、フランス、オランダが日の丸の意匠を買い取ろうとした
という話もあります。

日本の旗として正式なものがもうひとつ、「旭日旗」がありますね。
日の丸の赤い丸から放射状に赤い線(光線)が伸びてるやつ。

旭日旗

旭日旗

これは今は自衛隊の旗ですが、かつては大日本帝国の軍旗でした。

民間でも漁師の大漁旗や企業のシンボルマークなどに多用されるほど親しまれて
きたデザインです。

白いご飯の真ん中に梅干し1つのお弁当を「日の丸弁当」なんて言ったものですが
今どきそんな質素なお弁当もないでしょうね。

いずれにしても何かにつけて日の丸を掲げ、日の丸を振り、日の丸を目指して
頑張る日本人です。

日本全国で「祝う日」に日の丸を掲げるって、良いことだと思います。
今だって、家の前に掲げる人は少なくても、バスやタクシーに付けていたりしますよ。

諸外国では「国旗を掲げる」ことはごく自然であたりまえのことのようです。
海外生活を経験して日本に帰ってくると、あまり国旗の出番がなくて
「愛国心のなさ」を感じちゃったりするそうです。

日本って、なんだかんだ言ってやっぱり良い国です。
日本に住み慣れた日本人なら少なからず愛国心はあると思います。
日本のご飯も美味しいです。

日の丸も、一般家庭レベルでもうちょっと出番を増やしても良い気がしますね。

ちょっと応援してやるかと思っていただけたら・・・

ブログランキング・にほんブログ村へ

励みになります、ありがとうございます!

スポンサーリンク