天皇陛下退位で平成天皇誕生日は祝日に・・・ならないらしいですよ

2017年12月23日は祝日
2017年12月23日は祝日

2019年の皇位継承が決まり、天皇陛下退位後は現在の天皇誕生日が
祝日になるのか?と思ったら、どうやら平日に戻す方向で検討されて
いるようです。

今日は天皇誕生日。
12月23日が休日なのも来年までかも知れないのですね。
天皇誕生日の最後がわかっていることなんて今までなかったことです。

スポンサーリンク

天皇誕生日は在位期間だけの祝日ですから

天皇の退位等に関する「皇室典範特例法」(特例法)では、
今の皇太子様が新しく天皇となれば「天皇誕生日」を2月23日に改める、
としているものの、2019年以降の12月23日については触れていないそうです。

このまま特例法にも「国民の祝日に関する法律」(祝日法)にも定められなければ
12月23日は平日に戻るのです。

過去の天皇誕生日はどうなっているかというと
明治天皇誕生日は文化の日(11月3日)、昭和天皇誕生日は昭和の日(4月29日)
となっています。

大正天皇誕生日は8月31日ですが、この日は祝日になっていません。

大正時代は、文化的には「大正モダン」と呼ばれるほど華やかな時代でしたが
政治的には日本の近代化の大きなうねりが起きた激動の時代だったようです。
(大正デモクラシー)

そんな時代に天皇になった大正天皇は病弱で特に政務の功績を残せなかったこと、
短命であったことなど様々な理由から崩御後に祝日として残すということにはならなかったようです。

平成天皇は125代目。
歴代の天皇の誕生日が次々と祝日になったら、平日がなくなっちゃいますしね。

天皇誕生日が祝日になることのほうが「特例」なのですね。

「国民の祝日」と「国家の日」と「祭日」

休日にも色々あって、土・日などは民間の休息日であり、これは人によって違います。

カレンダーは赤い字で表記することが多いですが、
法律でも、国民全員に関係する法律では日曜日を休日とする定めはありません。

祝日や祭日もカレンダーの日付は赤くなりますが、
カレンダー通りに仕事をする人はお休みかもしれないけど仕事をする人もいます。

カレンダーの数字の赤い日がお休み なのは会社勤めの人だけですねぇ。
法律で「休日とする」と定められていても、休めるかどうかは人によって違いますね。

さて、法律で「休日とする」と定められているのは「国民の祝日」です。

「祝日」の定義は「国民の祝日に関する法律」に説明されていて、

『自由と平和を求めてやまない日本国民は、美しい風習を育てつつ、よりよき社会、より豊かな生活を築きあげるために、ここに国民こぞって祝い、感謝し、又は記念する日を定め、これを「国民の祝日」と名づける。』
(祝日法第1条)

とあります。

元日(1月1日)、成人の日(1月の第2月曜日)、建国記念の日(2月11日)などです。

他に
振替休日(国民の祝日が日曜日にあたるときに、その後の最初の平日に該当する。)
国民の休日(その前日及び翌日が「国民の祝日」である平日は、休日とする。)
があります。

この中に「国家の日」(National Day)というのがあります。

「国家の日」 とは、
その国にとって最も記念すべき日、その国の歴史上重要な出来事があった日
です。

日本では2月11日の建国記念日と、天皇誕生日の2日です。

アメリカでは7月4日の独立記念日が「国家の日」です。

「祭日」は、「宗教儀礼上重要な祭祀を行う日」のことで、祝日とは違い、休日にはなりません。

「祝祭日」と言って一緒になってしまうのは
2月11日建国記念の日が 祭日の「紀元節祭」であったり、
11月23日勤労感謝の日が 祭日の「新嘗祭」であったりするからですね。

祝日も祭日もひっくるめて祭日と言ったりしますが、正しくは別のものなのです。

天皇誕生日だったから祝日になる、のではないんですね

ということで、天皇誕生日が「祭日」になることはない、のは確かです。

天皇誕生日が祝日になりうるかどうかは、
その日が「国民こぞって祝い、感謝し、又は記念する日」になるのかどうか、
です。

例えば、4月29日の昭和天皇誕生日は、昭和天皇が自然を愛していたことに由来し、
2006年まで自然の恩恵に感謝する「みどりの日」とされ、その後昭和の日となることに伴い5月4日になりました。

「昭和の日」は、
『激動の日々を経て、復興を遂げた昭和の時代を顧み、国の将来に思いをいたす』意義がある
として改名されました。

つまり、天皇の誕生日だということの他に国民こぞって祝い、感謝し、又は記念する
ような理由があるかどうか(付けられるかどうか)?

ということなのでしょう。

政府の見解は、

政府は特例法の制定過程で、平安時代などの上皇が「院政」を敷いて実権を握った歴史を踏まえ、「陛下の公務を全て新天皇に譲る」と説明するなど権威の二重性が生じないよう努めてきている。政府関係者は「上皇の誕生日を祝日にすれば権威付けになりかねない。上皇に感謝する民間行事が開かれる可能性もある。少なくとも上皇在位中の祝日化は避けるべきではないか」と話す。

政府内では「陛下の誕生日を祝日にする場合、『過去の天皇誕生日』だけではない別の意味を加える必要がある」との見方が強い。天皇が代替わりする度に祝日が増えることの是非も慎重に議論する見通しだ。
(毎日新聞2017年12月21日配信)

だそうです。

「みんなの声」としては、

12月唯一の祝日をなくすなんて反対! とか
クリスマス商戦に悪影響が とか

祝日のままにしてほしい人たちの懇願の叫び? もある一方で、

祝日なんて大ッキライ!運送業より  とか
祝日は普段より忙しくなるから平日に戻してほしい とか

祝日であることがメイワクな人たちの悲痛な叫び? もあります。

実際、我が家が商売をしていた頃はこの年末の追い込みど真ん中の「休業」には
本当に参りました。
ウチが営業したとしても取引先が休業になります。

曜日の関係によっては、年内最後の出・入荷・配達などが大幅に繰り上がってしまったり
間に合わなかったりで、調整が大変、てんてこまいでした。
その時は本当にメイワクな休日でしたねぇ・・・(天皇陛下、ごめんなさい!)
今は・・・どちらでも良いです!

まぁ、年の瀬の押し詰まっての「休日」がもたらす影響は良くも悪くも大きいですね。

クリスマスイヴの前日、師走の後半、学校の冬休みなどなど、
ココが平日か休日かはそれぞれ個人的に大きな違いがありそうです。
あなたはどちらが良いですか?

スポンサーリンク