節分の日はいつ? 豆まきやイワシや恵方巻きの意味はどんなこと?

豆まき
豆まき

「節分」は二十四節気の「立春」の前の日。
季節の変わり目には邪気が生じるので、それを追い払うのが豆まきやイワシです。
恵方巻きは恵方に向かって食べ、福を取り入れるため。

昔の暦では立春の頃がお正月でしたので、節分の日は大晦日にあたります。
節分の日を「年越し」という地方があるのはそのためです。
年越しに邪気を払い福を招き入れる、やはり「お正月の行事」に似ていますよね。

スポンサーリンク

「立春」が「お正月」、「節分の日」は「大晦日」?

二十四節気

二十四節気

「二十四節気」とは、簡単に言うと1年の季節の移り変わりを24等分したものです。
春夏秋冬の4つの季節をさらに6等分して表したもの、でもあります。

「立春」「立夏」「立秋」「立冬」「四立(しりゅう)」という重要な節気で、昔の暦では「立春」の頃を1年の始まりとしていたのです。

「節分」は文字通り季節を分ける」日であり、「四立」の前の日なので本来は4回あるのですが、「立春」が新年でもっとも重要な節気ですので「節分」といえば「立春」の前の日を指すようになりました
ですので「大晦日」である「節分の日」は年越しの日なのですね。

「立春」は2月4日頃で、ずっと2月4日と決まっているわけではありません。
地球と太陽の位置が一定ではなく、うるう年やうるう秒で調整しますので1日程度ずれることがあります。

2021年は2月3日になるかもしれません。

「節分の日」の行事は季節の変わり目の邪気払い

季節の変わり目には邪気が生じると考えられ、
「節分の日」には邪気をはらう行事が行われます
それが豆まきや、イワシです。

豆まきは まめ=「魔目」、鬼の目に豆をぶつけて鬼退治をする=「魔滅」という語呂合わせ、
豆は、「穀物には生命力と魔除けの力がある」という信仰もありました。

ですので豆は大豆でなくても良いのでしょうね。
地方によっては落花生を撒いたり、どうせなら美味しいほうが良いと言って好きなものを投げるという家もあるようですが。

撒いた後に食べるのは、食べてしまうことで鬼退治を完了するという意味もあるそうです。
食べるのですから美味しいほうが良いですよね。

大豆は炒った豆を使うのですが、これは生の豆だと拾い忘れた豆から芽が出て縁起が悪いそうです。
他の豆はどうなんでしょう?
でもまぁ、芽が出るような生の豆を探すほうが難しそうですね。

イワシを家の入り口に、柊(ひいらぎ)とともに刺すのは「柊鰯(ひいらぎいわし)」といって
イワシを焼いた時のにおいで鬼を追い払う(鬼はイワシのにおいがキライ)、柊のトゲが鬼の目に刺さって家に入れなくする、という意味と、
逆にイワシのにおいで鬼を誘い、柊のトゲで鬼の目を刺すという意味の両方があるようです。

もちろん、「鬼」は邪気。悪霊ですね。

邪気を払い、福を招き入れる

豆まきや柊鰯で邪気を払ういっぽうで、豆まきなら「福は内」という掛け声、
「恵方巻き」は恵方(今年の神様がいる方角)に向かって巻きずしを食べて福を招き入れる

ということです。

「恵方巻き」は最近、全国的に知られるようになったのはここ10年くらいでしょうか。
元は江戸時代の終わりから明治時代にかけて、大阪の花街で商売繁盛を願って食べられたようですが
1989年、これを全国に広めようと、某コンビニチェーンが「恵方巻き」と名づけて販売したのが始まりです。

私もこれを目にした時にはちょっと驚きました。
縁起をかついで太巻きを食べるなんて、見たことも聞いたこともなかったのですから。

今ではすっかり節分の日の主役になりましたね。

福を招くのに縁起の良い「福茶」を飲む というのもあります。

「福茶」は豆、昆布、梅干しを入れて熱いお茶を注いだもの、
江戸時代から邪気を払い、無病息災を願う縁起物として節分やお正月に飲まれているそうです。

それにしても豆まきや柊鰯は、現代の住宅事情や生活スタイルではなかなかやりにくくないですか?

それに、子供でもいれば楽しそうですが、大の大人ばかりで豆まきもねぇ・・・
歳の数の豆を食べるのが大変なトシですし。

恵方巻きも大人だけで一つの方向に向いて黙って太巻きにかじりつく・・・のもねぇ。
太巻き1本、短いのじゃないと食べきれないし。

どうもノリが悪いので、今ではもう形ばかりに福豆を買ってきてお仏壇に上げておしまい、ってことになってきました。

せめて福茶を飲みながら福豆を少しただき、夕飯に細くて短めの太巻きと鰯を焼きましょうかね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする