【明治維新】の真実とは?明治150年を記念してもう1回勉強しよう!

明治150年記念事業のロゴマーク
明治150年記念事業のロゴマーク

政府が明治維新150周年の記念事業を検討すると発表したのは2016年10月。
一方で、明治維新の「常識」に異議あり!というような書籍が続々と出版されています。
11月3日の「文化の日」を「明治の日」とする運動もあるそうです。

「明治150年」で検索すると、全国各県の記念イベントや特集記事がたくさん出てきます。
幕末や明治維新は西郷隆盛などヒーローが大勢いますし、歴史好きにはたまりませんね。
「明治150年を記念する事業」は、明治という時代をどうとらえ、何を「記念」するんでしょうね?

スポンサーリンク

日本全国で展開されている「明治150年記念事業」? 

今年、2018年は明治維新150年ということで政府は(安倍首相は)明治維新150年記念事業に力を入れているそうです。
そのわりにはあまり聞こえてこないですけど。

「明治150年・明治の歩みをつなぐ・つたえる」として専用ポータルサイトを開設して各地の関連イベントカレンダーを載せています。

もちろん! NHK大河ドラマ「西郷どん」はイベントカレンダーのトップにあります。
というか、「西郷どん」は明治150年記念事業のひとつだったんですね、きっと。公共放送のNHKだし。

明治維新150年 と聞いて、多くの人は
そうかぁ、近代国家日本への大改革をした明治維新から150年も経つのか、こりゃお祝いだ〜
と思うのかも知れません。

私も、真実を知る前の私ならたぶんそうでした。

学校で習った明治維新は
ペリーの黒船が来航したのをきっかけに鎖国が終わり、日本はこのままじゃダメだと思う有志が立ち上がって徳川幕府を滅ぼし、近代国家日本の基礎を作った。
というようなことだったと思います。

その後ロクに勉強もせずに青春を謳歌してひたすら自分のシアワセだけを考えていた私は
明治維新はスゴイ! という思いっきりアバウトな理解のままオトナになりました。

え?アナタもですか?

そういう人多いと思いますよ、実際。 そんなもんですよ。

だから怖いですよね。
教育はものすごく大事です。

みんなで明治150年を記念する行事をしよう、は良いと思います。

でも、「明治」ってどんな時代? 「明治維新」って何だっけ?

本を買わなくてもネットでちょっと検索すれば
明治維新はクーデター
薩摩・長州藩はテロリスト
教科書で習う明治維新は「薩長史観」によって美しく脚色された物語
などなどの話が山のように出てきます。

調べれば調べるほど、「維新」という言葉に隠された暗黒の歴史が見えてきます。

そして「明治維新」は、現在に至るまでその黒い影を落としていることを感じます。

明治150年を記念するなら、「明治維新」で何があったのかを知ることが大事だと思えてきます。

「明治150年記念事業」の推進に関して野田聖子総務大臣は
「明治維新のことをなぞっても次の日本は描けない。私たちはここで決別していかなければならない。」と言い、

歴史学者で東京大学教授の本郷和人氏は
「簡単に決別していいと言える歴史ではない」と言いました。

このお二人の発言は
「明治150年をお祝いすることに関して」の発言ではなく、
「明治維新をどうとらえるのか」ということを意味しているんですね。

「明治維新」とは何だったのか。

なぜクーデターが起きたのか。
なぜ日本が東と西の真っ二つに分かれ、日本史上最大の内戦にまでなったのか。

歴史の節目には必ず争いが起こり、結果、勝者と敗者が生まれます。

戦争は勝ってナンボ、勝てば官軍。

歴史は勝者の都合の良いように書き換えられ、語り継がれます。
そして勝者が「正義」であり、敗者が「悪」だと刷り込まれるのです。

明治維新とは、極左のテロリストが暴力で政権を乗っ取った戦争だったのでしょうか。

その後の日本の発展は「勝者の正義」が一方的に進めたものなのでしょうか?

明治維新の「隠された真実」とは何なのでしょうか?

スポンサーリンク

明治維新とは何だったのか?

今から50年前、1968年にも政府主催の明治100年記念行事がありました。

今よりも50年分、人々の記憶が新しいからなのか、ただのお祝いムードだけでなく「過去の過ちを謙虚に反省」することが「明治100年記念式典の基本」に盛り込まれていました
(Wikipedia:明治百年記念式典)

今年の「明治150年記念事業」には「過ちを反省」の文字は見えません。

「記念事業の基本」には、「反省」はもういいだろうとばかりに

「明治以降の歩みを次世代に残す」
「明治の精神に学び、さらに飛躍する国へ」

を掲げています。

確かに「維新」によって幕藩制が終わり、「政府」ができ中央集権国家が確立され、欧米の三権分立を参考に政府を組織しました。

士農工商という身分は撤廃され、経済・産業・貿易が発達し、世界と互角に渡り合う「世界の中の日本」に向かって邁進しました。

そのための教育が変わり、文化・思想にも大きな変化がありました。

明治時代の「近代化」には目を見張るものがあり、日本人の素晴らしさを強烈に感じずにはいられません。

でも。

その「近代化」は、徳川幕府を「倒幕」したことによって始められた。
その「倒幕」は、最新の「武器」を一番たくさん持った勢力=薩摩と長州が完了した。
その「武器」は、日本に内乱を仕掛け弱体化させようとした欧米列強が持ち込んだ。
その「欧米列強」とは、有色人種を人とも思わぬ「欧米白人列強」だった。
その「欧米白人列強」が「和を以って尊しと為す価値観」の日本人を鬼畜に変えた。

ということもまた事実ではないでしょうか。

確かに、江戸時代末期つまり幕末には国民の不満がピークに達していたのでしょう。
その絶好のタイミングで海の向こうから巨大な勢力が日本を「喰う」ために迫ってきた、
いえ、その絶好のタイミングすら作られたものだったのかも知れません。

『維新の三傑』 西郷隆盛、大久保利通、木戸孝允は本当にヒーローなのでしょうか?

「明治維新」は江戸時代(徳川幕府)の “経年劣化” で自然発生的に起きた「国内の改革」ではなかった。

その証拠に、明治新政府が成った後も、第二次世界大戦まで日本は戦争ばかりしています。

「明治維新」をペリーの黒船来航〜西南戦争とするならば、
その間の戦争=下関戦争、薩英戦争、禁門の変(蛤御門の変)、戊辰戦争、西南戦争などなどは、おおよそ日本の武士の「戦」とは思えないハチャメチャな戦争です。

その後の日清戦争、日露戦争、満州事変、日中戦争、第一次世界大戦、第二次世界大戦・・・。

ついこの間まで戦争ばかりです。

これは「明治維新」が密接に関係している、というか、「明治維新」によって次々と連鎖したのではないでしょうか。

「明治維新」の改革や進歩、発展の部分を見ると、高度な能力や文明を持った日本人の偉大さをひしひしと感じるけれど。

あんなにも日本人同士が殺しあわなければ「維新」は出来なかったのでしょうか。
あまりにも凄惨で残酷で悲しい出来事が多すぎます。

それに、もし死なずにいたら日本はもっと違っていたのではないかと思われる偉大な人がみんな死んでしまいました。

「負」の部分を見ること、「反省」を無くしては「明治維新を記念する行事」はあり得ないと思います。

「明治150年」の意義ってなに?

「明治150年」を言い出したのは、長州出身の安倍晋三首相です。

長州閥の歴代の権力者、伊藤博文、山縣有朋、桂太郎、寺内正毅、田中義一、岸信介、佐藤栄作。
いずれも内閣総理大臣になりました。

現在の政界の長州出身者は安倍晋三、高村正彦、河村健夫、林芳正、岸信夫(安倍首相の実弟)。

安倍首相は岸信介の孫であり、佐藤栄作は岸信介の実弟です。

歴代の首相に会津出身者はいません。

2015年8月、山口県連の集会で、明治50年は長州軍閥を代表する寺内正毅、100年は叔父の佐藤栄作が首相だったと紹介し、

「私は県出身8人目の首相。頑張って平成30年までいけば、明治維新150年も山口県の安倍晋三が首相ということになる」

と語りました。

今年がその平成30年です。
明治150年イベントにも力が入ろうというものです。

この安倍首相の話を聞いて明治150年記念事業を「推進」された他の自治体、とりわけ東北の各県、特に会津の人々はどう思うのでしょうか。

「明治150年・明治の歩みをつなぐ・つたえる」専用ポータルサイトには東北各県のイベントも紹介されていますが、どれも当たり障りのないものです。

県外の人にこそ、今の人たちにこそ伝えなければいけない真実があるはずなのに。
誰に遠慮しているのでしょうか?

明治維新の関連書籍は山ほど出版されています。

1つの事実も、見る人、見る角度、見る時代によって描かれ方はさまざまですので
1つを取り上げてそれが真実とするのは危険ですが、少なくとも「その人にはそう見えた事実」が想像出来るかも知れません。

もちろん、その後のめざましい発展、貿易・産業革命、銀行政策、教育改革なども明治維新があってこそのことであり、日本人ってすごいなぁ!と素直に感動します。

明治150年記念事業の意義ってなんでしょう?

明治維新は世界が日本を認めた偉大な革命です。

150年経った今だからこそ「反省」が必要であり、「事実」が大事なんだと思います。

【明治維新】次の記事

1853年7月8日、ペリー率いる黒く巨大な船が4隻、浦賀沖に着いたのは午後5時ごろ。 旗艦「サスケハナ号」(全長78メートル、2450トン...

【西郷どん】の記事もどうぞ

1月7日から始まったNHK大河ドラマ「西郷どん」が話題です。 西郷隆盛役は鈴木亮平さん、第1話は幼少期の小吉、子役の渡辺蒼くんが良かったで...

ちょっと応援してやるかと思っていただけたら・・・

ブログランキング・にほんブログ村へ

励みになります、ありがとうございます!

スポンサーリンク