お彼岸とは?本来の意味と由来と過ごし方は?

お彼岸は年2回
お彼岸は年2回

彼岸は「彼の岸(かのきし)」、はるか西の彼方にある極楽浄土を彼岸と言います。
お彼岸は、此岸(しがん、このきし=この世)から彼岸に行けるように修行を積む期間です。

彼岸にいらっしゃるご先祖様のご供養も大切ですが、それ以上に自分の現在と未来を考えるための1週間であり、修行のための期間なのです。

スポンサーリンク

お彼岸の意味、由来

2018年、春のお彼岸は3月18日(日)から24日(土)です。
秋のお彼岸は9月20日(木)~26日(水)です。
春分の日、秋分の日が真ん中で、これを中日(ちゅうにち、なかび)といいます。

お彼岸という言葉はわりと誰でもご存知でしょうけど
「入り」とか「明け」とか「お中日」とか、今はほとんど使われないのかもしれません。

1週間のお彼岸の初日が「入り」最終日が「明け」ですが、
聞いたことも言ったこともないよ、という人が増えているらしいです。

「彼岸」「此岸」は仏教の言葉ですが、「お彼岸」という行事は元々の仏教にはなく、日本独自のものです。

日本のご先祖様は、彼岸にたどり着けるように、年に2回、気候が良く過ごしやすい時期に善行をして徳を積む期間を設けました。

春分の日と秋分の日は「昼と夜の長さが同じになる日」です。
これが仏教で大切にしている「中道(ちゅうどう、どちらにもかたよらないこと)」に通じますので、この日を真ん中にして1週間ずつを「お彼岸」としたのです。

また、「彼岸」は彼岸に行きたい「悲願」「日願」と通じるとも言われます。

お彼岸には「ぼたもち」「おはぎ」と呼ぶあんころ餅を食べたり、お彼岸団子をお供えしたりしますが、良い季節の特別な行事として大事にされてきたのでしょう。

「ぼたもち」「おはぎ」の名称については諸説ありますが、お彼岸に限っていえば春に咲く牡丹の(ボタン)の花や、秋に咲く萩(はぎ)の花に見立てたというのが通説でしょう。

善いことをして徳を積み、自分を見つめ直す「お彼岸」

現代の3月、9月はなかなか忙しいですよね。

「春」といえば「忙しい季節」 と連想する人も多いでしょう。
花粉症で体調最悪でも、春は何かとやることが山積みです。

卒業、入学、就職、転勤。
とにかく行事の多い季節ですから。
引越し屋さんは書き入れ時です。

「秋」は新学期。
学生さんにはちょっとしんどい季節、ご家族も何かと大変ですよね。
会社の人事異動などはこの時期にもあったりします。

そんな忙しい中、お彼岸もあるということをちょっと思い出して下さい。

「忙しい」の「忙」の字は 心を亡くす と書きます。
とかく忙しい日常ではあるけれど、せめて「お彼岸」の1週間はちょっと落ち着く時間を作って心を鎮め、自らを戒め、善行を行い、徳を積むのです。

前の記事でお話しました 六波羅蜜 です。

お盆は里帰りするご先祖様をおもてなしするという意味合いが強いのですが、
お彼岸は生きている自分たちのための期間 とも言えます。

なにもお彼岸でなくたって、毎日お仏壇に手を合わせ、日々一日一膳、悪いことはしないと自分を戒めている人には普段通りのことなんですが。

でも、家にお仏壇はないし、お墓参りも数年に一度行くか行かないか、

なんて人には「お彼岸」や「お盆」はちょっと心を洗う良い機会と思って過ごされるのが良いのではないかと思いますよ。

ですからお供えも豪華にしなくたって良いのです。

ご先祖様に感謝の意味を込めて、季節のお花を供えるとか、お彼岸の定番ぼたもち(春は牡丹餅、秋はお萩。名前がちがうだけ、同じものです)だけでも、気持ちがこもっていれば何でもOKです。

何も無くったって良いのです。

で、せっかくのお彼岸、気候も良いし「自分を見つめ直」してみましょうよ。

特に、ツイてないなぁ、うまくいかないなぁ、など、
自分は「不運」だと感じる人は、大概がお墓参りなど無形の世界に関心を持っていない人

だそうですから。

いえいえ、別に「信仰」とか「宗教」の話をしているわけではありません。

人は独りでは生きていない、という当たり前の話です。

「有形の世界」と「無形の世界」

人にはご先祖様から脈々とつながる「タテの関係」と、今生きている自分の友人や仕事の人間関係など「ヨコの関係」があります。

そしてその人の「運命」とか「生きる道」(「目指す道」と言っても良いかもしれません)、
これはその人の「思考・精神」といった内面と、身体的なことや環境などの「現実」から成り立つものですから、これらのバランスが大事、というわけです。

スポンサーリンク

「今ある現実」は、自分の存在や環境、仕事、友人は、目に見えている「有形の世界」(ヨコの関係)

それは紛れもなく過去から今までつながってきた「命」と「自然」がもたらしたもので、目に見えない「無形の世界」(タテの関係)

人は皆、この「有形の世界」と「無形の世界」の両方を持っていて、それによって「自分」が形成されている、というのは理解できます。

であれば、自然に逆らったり、ムリを通せば道理が引っ込むのは当然なので安定しない、長続きしない、ということ、なのだそうです。

う〜〜ん。

文字にすると、わかったようなわからないような話ですが、私はかなりズシンと来ましたね。

過去の失敗を振り返ってみて、まさにそういうことだった! と思ったもんですから。

それで私が猛省しながら思い当たった一つの結論は、

人には出来ることと出来ないことがある。

ということ。

だからあきらめて分相応にしろというようなミもフタもない話ではなくて、

「今」出来ることと出来ないこと
「一生」出来ることと出来ないこと

という区別があって、

さらに

「一生出来なさそうだけど、やり方しだいでは可能性もある」

「今だって出来なくはないけど今じゃないほうが良いこと」

のように分けることで、「今、なにをすべきか」を考えるという意味なんだと思ったのです。
私の過去の失敗は、そこをちゃんと考えなかったことが原因だなぁと思いました。

確かに、お金や財産があるとかないとか、

美人だとかブサイクだとか、

瞬発力はあるけど持久力はナイとか、

身体的障害とか家族の介護とか。

色々色々、あるわけですが。

でもね。

言ってみればどんな人もなにかしらのハンデを背負って生きているんだと思うのです。

人と比べたって仕方がないし、羨んだってその人になれるわけじゃないし。

自分が今、何を望み、先々どうなりたいのか、それを叶える方法はあるのか、ないのか。
そのためには「今」なにをすべきか。

そういう順序で考えないとゴールが明確になりません。

ゴールがわからなければ走りようがないです。

さらにそのゴールは、「とりあえずのゴール」。

最終地点でもないし、限界でもない。

そこに到達したらまた新しいゴールを設定すれば良いのだから。

可能性は無限大〜!

ではないかも知れないけど。

今見えていない可能性がものすごくたくさん、きっとあるってことですよね。
自分は「不運」なんじゃなくて、ちょっと知らなかっただけ、なんですよ、きっと。

私だって、まだ可能性はあります!

可能性って、若い人の特権ではない!

トシを食うほどに減っては来てるけど(涙)。

ついでに?自分のルーツもちょっと思ってみよう。

うららかな、花粉混じりの春の風に目と鼻を真っ赤にしながら、
あるいは夏の疲れも残ってしんどい思いをしながら、
普段は思いもしない自分のルーツに想いを馳せ、

今の自分がナニで出来ているのか、どうしてここに、この家に来た(生まれた)のか、
大事なことは何なのか、

を考えると、また違った明日が見えてくるかも知れません。

今起きている問題は、案外小さなことなのかもしれません。

本当に多忙を極める毎日だけれど、

お彼岸にはお墓参りにでも行って、
お墓が遠ければ実家のお仏壇にお参りして、
それも遠ければご縁がなくても近くの霊園とかお寺に行ってみるとか
それも出来なければ自宅で、職場で、天を仰いでみるとか。

電話とかLINEでご両親に亡くなったご先祖のことを聞いてみるとか。

そんなことで良いと思うのです。

ご先祖様に感謝ったって、心の持ちよう、たったそれだけです。

ウチのご先祖様の話を聞いたらどうにも感謝できないこともあるかも(笑)。

でも、自分までつながった命には無条件に感謝、というか、よくぞ途切れずにここまで来たと感心しますよね。

人類始まって以来、自分まで来たんですから。

さぁ、お彼岸です!

ぼたもち(春は牡丹餅、秋はお萩。名前がちがうだけ、同じものです)でも食べて、

自分にもご先祖がいたっけなぁ と思いながら「六波羅蜜」でも検索して、

ほんのひととき、自分を見つめ直すのもお彼岸らしくて良いと思います。

それこそ遠いご先祖様が、なにかヒントを下さるかも知れません。

「お彼岸」の前の記事

お彼岸は日本独自の仏事です。ご先祖様を供養するとともに「六波羅蜜」(ろくはらみつ)を実践できているか、自分を見つめ直し功徳を積む期間なのです。年に1回里帰りをなさるご先祖様を、おもてなしをしてご供養するお盆とは全く別の行事です。

「お彼岸」の次の記事

秋のお彼岸に咲く真っ赤な彼岸花(曼殊沙華とも言います)。 不吉だとか縁起が悪いとか、さんざんな言われようですが。 仏教でいう曼珠沙華は「...

ちょっと応援してやるかと思っていただけたら・・・

ブログランキング・にほんブログ村へ

励みになります、ありがとうございます!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする