お盆はいつからいつまで?新暦、旧暦、月遅れ、他にもあった変り盆

お盆の期間も色々
お盆の期間も色々

一般的には8月13日から16日までの4日間が多いと思いますが
東京や関東の一部では7月13日から16日です。
また、8月20日前後や9月に行う場合もあります。

このように「お盆の期間」は地域や家によっても違うことがあります。
お隣の家は8月だけど、ウチは7月、お向かいの家は9月だわ、
なんてこともあり得るのです。

スポンサーリンク

お盆の期間は大きく分けて4通り

なぜ4通りもの時期の違いが生まれたかというと、
明治6年に ”旧暦” を ”新暦” に変更したため です。

もともとお盆は旧暦7月15日にあたる”中元節”の日に行なわれたものです。

それまで通りの日付を新暦の日付で行うとしたのが7月15日、

旧暦のお盆の時期(季節)に合わせれば8月20日頃となります。

また、旧暦は月の満ち欠けで暦が作られるので、対応する新暦の日付は毎年違います。

旧暦7月15日は2017年の場合、9月5日となります。
この、旧暦の日付の通り行う地域は毎年お盆の日が変わるということになります。

1. 新暦のお盆 7月13日~16日
東京・横浜など関東地方、東北地方にもあるようです。

2. 新暦の月遅れ 8月13日~16日
もっとも多い日程で、特に北海道、信越、関東南部、関西地方が多いようです。

3. 旧暦の時期を合わせる8月20日頃(旧暦7月15日にあたる頃として)
関東北部、中国、四国、九州、南西諸島などが多いようです。

4. 旧暦のお盆 旧暦7月15日
沖縄、奄美地方に多いようです。
毎年日にちが変わるため9月になることもあります。

その他
8月1日前後という地域もあります。
東京都の多摩地区
八王子、国立、小平、小金井、府中、調布、国分寺などでは
その昔養蚕が盛んで、繁忙期を避けたためなどがあるようです。

そういえば幼い頃多摩地区に住んだことがありましたが
(今思えば養蚕のための)桑の木がたくさんあって、
養蚕用の葉を採るためなので木の丈を低く育てるのでしょうね、
子供の手の届くところに熟した桑の実が!
食べ放題(勝手に、です)だったのを思い出します。
真っ黒に熟すと、それはそれは甘くて美味しいのですよ♪
今、スーパーなどで売られているものや
洋菓子に使われるものとは全然違うんです。
品種が違うのでしょうか?

お盆の期間はその土地の文化・風習・産業によって色々

以上のように、お盆は元々旧暦7月15日だったのが新暦に替わって
さまざまな日付になった、ということです。

新暦になってお盆は、暦の変更によるだけでなく、
その土地の風習、地域の産業や人々の暮らし、文化も影響し、
一番ふさわしい時期、 つまり ”できる時にやる” ということで
日付がバラバラになったのですね。

私は東京出身で、婚家も東京なので7月13日~16日までがお盆です。
今は神奈川に住んでおり、このあたりは8月13日かららしいのですが
夫も7月がいい と申しますのでそのままです。

でも7月ですと売っているお盆用品が少ないのです。
ここも関東ですし少ないとはいえ売っているので7月にお盆をするお家が
あるのでしょうけれど、少数派なのですね、きっと。
8月にはもっとたくさん、ど~んと出てきます。

そういえば、東京に居た時は8月のお盆用品売り場は小さくなっていました。
やはり違うのだなぁ、と感じます。

あなたのお住まいの地域やご出身地ではいかがですか?
ウチは全然違う日がお盆です!
という方がいらっしゃったら、ぜひ教えて下さいね!!

ちょっと応援してやるかと思っていただけたら・・・

ブログランキング・にほんブログ村へ

励みになります、ありがとうございます!

スポンサーリンク