【お彼岸 記事の目次】

2019年、お彼岸は?

春のお彼岸の入りは3月18日(月)、
中日(春分の日)は3月21日(木)、彼岸明けは3月24日(日)、

秋のお彼岸の入りは9月20日(金)、
中日(秋分の日)は9月23日(月)、彼岸明けは9月26日(木)です。
彼岸花は秋のお彼岸の花です。

「お彼岸」の記事一覧です。

平成31年(皇紀2679年、西暦2019年)3月21日。平成最後の春分の日です。 今年の秋分の日9月23日は新しい元号になっていますね。 ...
「暑さ寒さも彼岸まで」。最近でも言ますか? 寒い寒いと言っていても3月のお彼岸を堺に暖かくなる、暑い暑いと言っても9月のお彼岸が過ぎる...
秋のお彼岸に咲く真っ赤な彼岸花(曼殊沙華とも言います)。 不吉だとか縁起が悪いとか、さんざんな言われようですが。 仏教でいう曼珠沙華は「...
彼岸は「彼の岸(かのきし)」、はるか西の彼方にある極楽浄土を彼岸と言います。 お彼岸は、此岸(しがん、このきし=この世)から彼岸に行けるよ...
お彼岸は日本独自の仏事です。ご先祖様を供養するとともに「六波羅蜜」(ろくはらみつ)を実践できているか、自分を見つめ直し功徳を積む期間なのです。年に1回里帰りをなさるご先祖様を、おもてなしをしてご供養するお盆とは全く別の行事です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする