縄文の時代から続く祖霊信仰-神仏習合の元の元はここにあった!

日本の八百万の神(やおよろずのかみ)の考え方は、あらゆるところに、あらゆるモノに神は宿り自分の家を守る神様の中にはその家のご先祖様たちも混じっていて、その区別を明確にせずあえて曖昧なままにしている、これが日本ならではの「神仏習合(しんぶつしゅうごう)」です。

笠地蔵(かさじぞう)ー東北の雪降る大晦日、お地蔵様と老夫婦のお話ー

よく知られた「笠地蔵」のお話、主に東北地方に伝わる昔話です。物語が「大晦日」の出来事なのは共通しています。昔の人々の暮らしは決して豊かではなく、年を越すだけでも大変、それでも今より幸せなことは多かったのかも知れない気がします。

新嘗祭(にいなめさい) は勤労感謝の日、五穀の収穫を祝う祭典

毎年11月23日「新嘗祭」という宮中祭祀があります。日本書紀にも登場するほど古い歴史があり今なお最も重要な宮中祭祀として残る大切な行事です。収穫を祝うとともに国民の労をねぎらい明治6年に祭日とされ、第二次大戦後「勤労感謝の日」と改められました。

七五三の起源と歴史、平安時代から変わらぬ我が子を思う親心。

七五三は平安時代の中頃、公家の間で3歳~7、8歳の男女のお祝いの儀式を行なっていたことが起源といわれます。今日の七五三の原型は江戸を中心にした関東で始まり、一般庶民にも広まりました。「七五三」の語は明治時代から、今の七五三のにぎわいは大正時代からのことだそうです。

お正月とお盆はよく似てる!日本の2大行事に共通点が多いのはなぜ?

よくわからないものは曖昧なままにしてその時々でふさわしいように解釈する、それは日本人の美徳とともいえる懐の深さだと感じます。こうしてみると、もとはお正月とお盆、半年ごとに同じようにご先祖様が家に帰って来られ、再会できる嬉しい日であることに変りはないのです。

拾い過ぎ -正直者は得をするー真面目な男の立身出世のお話

むかしむかし、江戸は青山に門奈助左衛門というお金持の武士がおりました。その家来にたいへん真面目で正直者の男がありました。年の暮れも押し詰まった十二月二十八日、男は主人のお遣いで、浅草の蔵宿(くらやど・当時の武士専門の金貸しのような所)に行って五十両のお金を受け取りました。

死後の世界はあるのか、ないのか?-死後の世界を考える-

結局「宗教」なるものはそこをどう説いているのか気になりました。お釈迦様は、「死後の世界のことだとか、宇宙は有限か無限かなどを考えて今をおろそかにするようなことがあってはならない」と言い、仏教では死後のことについては触れていないそうですが。

人は死んだらどうなるの?-死後の世界を考える-

結局、死後の世界は死んでみないとわかりません。でも私はやはり、「死後の世界」はあると思うんですよね。どんな形にせよ、死んだあとの世界はあると。だからこそ「人として」まっとうに生きなきゃと思うし、ご先祖様を大切にしたいと思うんだ、と思うんですよね。